最新レシピをお知らせします

最新レシピをメールでお知らせいたします。

※ご登録後、自動返信メールが送信されますので、認証してください

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

ばらちらし

ばらちらし

 

料理名 ばらちらし
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 石原 洋子
放送局 日本テレビ
放送日 2020年3月3日(火)

 

コメント

ひな祭りにぴったり「ばらちらし」の作り方のご紹介です。

ばらちらしの材料(4人分)

 

2合
360ml
大さじ3
砂糖 大さじ1
小さじ1+1/4
干し椎茸 4~5枚(10g)
にんじん 1/3本(50g)
煮汁
1/3カップ
大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
しょうゆ 小さじ1
少々
帆立貝柱(刺身用) 5~6個(100g)
(塩一つまみ)
昆布 15cm(15g)
2個
(砂糖大さじ1/2塩少々)
むきえび 50g
(酒、水各大さじ1塩少々)
まぐろ(刺身用) 100g
(しょうゆ小さじ1)
絹さや 15g
焼きのり(全形) 1枚
●塩、片栗粉、油

 

 

ばらちらしの作り方

1、米(2合)は洗って水気をきり、分量の水(360ml)とともに炊飯器に入れて30分浸水させ、普通に炊きます。

酢(大3)、砂糖(大1)、塩(小さじ1+1/4)を合わせてすし酢を作ります。

 

2、干し椎茸(4~5枚(10g))はさっと洗って水につけてもどします。軸を切り落とし、1cm大に切ります。

にんじん(1/3本(50g))は1cm大の薄切りにします。

ともに鍋に入れ、煮汁の水(1/3カップ)・酒(大さじ1/2)・みりん(大さじ1/2)・砂糖(大さじ1/2)・しょうゆ(小さじ1)・塩(少々)を加えて火にかけ、煮立ったら落としぶたをして弱めの中火で7〜8分煮ます。

にんじんがやわらかくなったら落としぶたをはずし、汁がなくなるまで煮ます。

 

3、昆布(15cm(15g))は5分ほど水につけてやわらかくもどし、ザルに上げて水気をきります。

帆立貝柱(刺身用 5~6個(100g))は厚みを半分に切り、両面に塩(一つまみ)をふります。

昆布の上に帆立貝柱を並べて巻き、ラップで包み、冷蔵庫で冷やしておきます。

 

4、卵焼きを作ります。

ボウルに卵(2個)を割りほぐし、砂糖(大さじ1/2)、塩(少々)を加え混ぜます。

卵焼き器をよく熱し、油を薄くひいて卵液の1/3量を流し入れて弱めの中火で焼き、表面が乾いてきたら半分に折ります。残りの卵液を2回に分けて流し入れ、同様に焼きます。

粗熱をとって1cm角に切ります。

 

5、むきえび(50g)は背ワタがあれば除き、片栗粉少々をまぶしてもみます。水で洗ってペーパータオルで水気をふき、1cm幅に切ります。

鍋に酒(大1)、分量の水(大1)、塩(少々)を入れて煮立ててえびを加え、ふたをしてさっと煮て、色が変わったら火を止めて冷まします。

 

6、まぐろ(刺身用 100g)は1cm角に切り、しょうゆ(小1)をからめます。

 

7、絹さや(15g)は筋をとり、塩少々を加えた熱湯で色よくゆで、流水をかけて冷まし、1cm大に切ります。

 

8、ごはんが炊き上がったら飯台に移し、(1)のすし酢をまわしかけてさっくりと混ぜ、粗熱をとります。

 

9、(3)の帆立貝柱は1cm角に切り、汁気がある具材は汁気をきります。

(8)を器に盛り、焼きのり(全形 1枚)をちぎって散らし、上に具材を散らします。

 

 

ばらちらし

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ