たけのこそぼろの混ぜごはん

たけのこそぼろの混ぜごはん

料理名 たけのこそぼろの混ぜごはん
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 石原 洋子
放送局 日本テレビ
放送日 2019年4月5日(金)

コメント

「たけのこそぼろの混ぜごはん」の作り方のご紹介です。

たけのこそぼろの混ぜごはんの材料(4人分)

新たけのこ 1~2本
米ぬか 一つかみ
2合
鶏ひき肉 150g
(酒大さじ2)
三つ葉 1パック(50g)
煮汁
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ1/2
一つまみ

たけのこそぼろの混ぜごはんの作り方

1、新たけのこ(1~2本)は皮を2~3枚むき、縦半分に切り(太いものも早く火が通りやすい)、さらに穂先を斜めに切り落とします。

鍋に入れ、たっぷりの水と米ぬか(ガーゼに包んでおくとたけのこの中に入り込まず、あとで洗うのが簡単)を加えて強火にかけます。

沸騰したら弱めの中火にしてふたをずらしてかけ、たけのこの根元に竹串がスッと通るまで1時間ほどゆでます。

ゆで汁につけたまま冷まして粗熱をとり、水洗いして皮をむきます。

※ゆでたけのこ150gを使用

2、米(2合)は洗って水気をきり、普通に水加減し、30分ほど浸水させてから炊きます。

3、(1)のゆでたけのこ150gは縦半分に切り、穂先は2~3cm長さの縦薄切りにし、根元は小さめのいちょう切りにします。

三つ葉(1パック(50g))は2~3cm長さに切ります。

4、鍋に鶏ひき肉(150g)と酒(大2)を入れて菜箸3~4本で混ぜます。

中火にかけてさらに混ぜながらそぼろ状に炒ります。

ひき肉に火が通ったら、煮汁のみりん(大さじ2)・しょうゆ(大さじ2)・砂糖(大さじ1/2)を加え、たけのこも加え、落としぶたをして、ときどき混ぜながら煮汁がほぼなくなるまで煮ます。

ふたをして冷めないようにしておきます。

5、炊き上がったごはんをざっくり混ぜ、塩(一つまみ)、三つ葉、(4)を加えて混ぜ合わせます。

●ゆでたけのこの保存は、4~5日間であれば、水気をきってジッパーつき保存袋に入れ、できるだけ空気を抜いて冷蔵庫に入れます。

このページの先頭へ