らっきょうの甘酢漬け

らっきょうの甘酢漬け

料理名 らっきょうの甘酢漬け
番組名 NHKきょうの料理
料理人 ワタナベマキ
放送局 NHK
放送日 2019年6月5日(水)

 

コメント

初めてでも簡単につくれるここでは、「らっきょうの甘酢漬け」の作り方になります。甘酸っぱさがくせになる、王道の甘酢漬け。少しずつ変わる食感と風味を楽しみます。

らっきょうの甘酢漬けの材料(つくりやすい分量))

 

らっきょう(泥付き) 500g
A
米酢 カップ2
きび糖 250g(または砂糖)
大さじ2

 

 

らっきょうの甘酢漬けの作り方

 

 

1. [らっきょうの下処理]

ボウルにらっきょう(泥付き 500g)を入れ、流水で洗いながら軽く薄皮をむきます。

泥が落ちて水がきれいになるまで、2~3回繰り返します。

 

 

 

2. 芽と根元をしっかり切り落とします。

※中途半端に残すと歯ざわりが悪くなる。

 

 

3. 再びボウルにらっきょうを入れて水をはり、今度は丁寧に薄皮をむきます。

傷があるものは傷がなくなるところまでむきます。

 

 

 

4. ざるに上げて水けをきり、紙タオルでしっかり拭きます。

このとき、汚れがあるものや傷がついたものは取り除きます。

 

 

5.鍋にAの米酢(カップ2)・きび糖(250g(または砂糖))・塩(大さじ2)を入れて中火で沸騰させ、砂糖を溶かしながらアクを取り除きます。消毒した保存瓶にらっきょうを入れて、アツアツのAを注ぎ、すぐにふたをします。

●食べ頃:1か月後からがおいしい。フレッシュ感を楽しむ場合は1週間後から。

●保存:常温で半年間。半年間以上おく場合は冷蔵庫へ入れます。

このページの先頭へ