ほろほろご飯

ほろほろご飯

料理名 ほろほろご飯
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2018年10月8日(月)

 

コメント

94歳になるばぁばこと鈴木登紀子さんが四季のご飯物料理を紹介。ここでは、「ほろほろご飯」の作り方になります。岩手の郷土料理・ほろほろ。いわば「しっとりふりかけ」です。炊きたてご飯に混ぜ込めば、くるみや焼きみそ、漬物、春菊……とうまみとほろ苦さのある食材が幾重にも合わさって、大人の味わいです。

ほろほろご飯の材料(4人分)

 

ご飯(炊きたて) 茶碗4杯分
くるみ 30g
大根のみそ漬け(市販/5mm角に刻む) 大さじ1と1/2
八丁みそ 大さじ1
春菊 2株
にんじん(3mm厚さの輪切り) 10~12枚
白ごま 大さじ1
●塩・砂糖

 

 

ほろほろご飯の作り方

1.くるみ(30g)はフライパンでからいりし、細かく刻みます。

八丁みそ(大1)は丸めてフォークに刺し、直火にかざします。表面の焼けた部分をはがします。これを繰り返してすべて焼きます。

 

 

 

2.春菊(2株)は塩少々を加えた熱湯でサッとゆでます。

冷水にとってきつく絞り、細かく刻みます。

 

 

 

3.にんじん(3mm厚さの輪切り 10~12枚)はもみじ型で抜いて小鍋に入れます。

水大さじ4、砂糖小さじ1/2、塩少々を加えて弱火で汁けがなくなるまで煮ます。

 

 

 

4.ぬれ布巾で湿らせた盤台(またはボウル)にご飯(炊きたて 茶碗4杯分)と1、2、大根のみそ漬け(市販/5mm角に刻む 大1と1/2)を入れ、白ごま(大1)をふります。

全体をサックリと混ぜます。

 

 

 

5.器に盛り、3のもみじにんじんとくるみ(分量外)をあしらいます。

このページの先頭へ