ツイッター

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

いちじくのタルト

いちじくのタルト

料理名 いちじくのタルト
番組名 NHKきょうの料理
料理人 藤野貴子
放送局 NHK
放送日 2021年9月27日(月)

 

コメント

旬のいちじくで「いちおしスイーツ」。ここでは、「いちじくのタルト」の作り方になります。サクサクの生地に濃厚なアーモンドクリーム、そしてジューシーないちじくをたっぷりのせた、秋のタルト。タルト生地とアーモンドクリームは保存がきいて、つくっておくとさまざまなおやつに展開できます。

いちじくのタルトの材料(直径18㎝の底が抜けるタイプのタルト型1台分)

 

いちじく 3コ(約200g)
タルト生地(つくりやすい分量/でき上がり約370g分)
薄力粉 150g
バター(食塩不使用) 115g
粉砂糖 65g
アーモンドパウダー 40g
アーモンドクリーム(つくりやすい分量/でき上がり約200g分)
アーモンドパウダー 60g
バター(食塩不使用) 50g
グラニュー糖 45g
1コ
きび糖 適量
シロップ
砂糖・水 各大さじ3

 

 

いちじくのタルトの作り方

1.タルト生地つくり

ボウルに常温に戻したバター(食塩不使用 115g)を入れてゴムべらでなめらかになるまで混ぜ、粉砂糖(65g)を加えて混ぜます。

2.アーモンドパウダー(40g)を加えてよく混ぜ、薄力粉(150g)をふるいながら加えます。ゴムべらでこすりつけるように混ぜ、粉っぽさがなくなったら一まとめにします。

3.半分に切ってラップで包み、手で均等に平らにします。冷蔵庫で1時間ほど休ませます。

●冷蔵保存:3日間。冷凍保存:2週間(解凍法:冷蔵庫に一晩おく)

4.アーモンドクリームつくり

ボウルに常温に戻したバター(食塩不使用 50g)を入れて泡立て器でなめらかになるまで混ぜ、グラニュー糖(45g)を加えてすり混ぜます。卵(1コ)を加え、ダマがなくなるまで混ぜ合わせます。

5.アーモンドパウダー(60g)を加えてさらに混ぜます。ムラがなくなったら、まとめてラップで包み、冷蔵庫で30分間ほど休ませます。

●冷蔵保存:3日間。冷凍保存:2週間(解凍法:冷蔵庫に一晩おく)

6.タルト生地から160gを計量し、常温に戻します。ラップで包み、上から麺棒で軽く全体をつぶします。

7.ラップを外し、生地を食品用ビニールまたはオーブン用の紙ではさみます。麺棒を生地の中央から上方向に向かって転がし、生地を1/8(45度)ずつ回しながら、直径24cm、約3mm厚さの円形にのばします。

8.食品用ビニールを外し、生地を型にのせます。

9.生地を型の中に落とし込み、型の底面と側面に貼りつけます。全体が均一になるように指の腹で軽く押さえながら、型と生地の間に隙間ができないようにします。

10.型からはみ出した生地は縁に沿ってナイフの背で切り取ります。フォークなどで底面全体に穴を開け、冷蔵庫で30分ほど冷やします。

11.オーブンは180℃に温めます。いちじく(3コ(約200g))は皮ごと5mm厚さの輪切りにします。10のタルト生地に5の冷えたアーモンドクリーム200gをのせ、均一にならします。いちじくを中心から重ねながら並べ、きび糖(適量)を全体にまぶします。

12.型をオーブン用の網にのせ、180℃のオーブンで45分~1時間、生地が濃いきつね色になるまで焼く(30分間焼いたところで一度向きを変える)。

13.シロップの砂糖・水(各大さじ3)は小鍋で沸騰させて冷まします。焼き上がったら、熱いうちにはけでシロップを塗り、型から外します。

タルトの人気レシピ

第1位

紅玉のタルトタタン風

紅玉のタルトタタン風

【ほめられスイーツ】ということで、たっぷりとリンゴを使った「紅玉のタルトタタン」の作り方の紹介 ・・・

第2位

りんごの薄焼きタルト

りんごの薄焼きタルト

作ってみたい!人気のあのお菓子ということで、「りんごの薄焼きタルト」の作り方のご紹介です。タル ・・・

第3位

もこみち流 チョコレートとラズベリーのタルト

もこみち流 チョコレートとラズベリーのタルト

「バレンタインにも誕生日にも合うレシピはないでしょうか?」というリクエストに、速水もこみちさん ・・・

第4位

もこみち流 パンチェッタとソーセージとトマトのタルト

もこみち流 パンチェッタとソーセージとトマトのタルト

「最適なおもてなし料理を知りたい」というリクエストに、速水もこみちさんが、「パンチェッタとソー ・・・

その他のタルトのレシピはこちら => タルトのレシピ

いちじくのタルト

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ