甘煮くるみのおいなりさん

甘煮くるみのおいなりさん

料理名 甘煮くるみのおいなりさん
番組名 NHKきょうの料理
料理人 しらいのりこ
放送局 NHK
放送日 2019年3月11日(月)

 

コメント

祝い事の多い季節に合わせ「ハレの日レシピ」。ここでは、「甘煮くるみのおいなりさん」の作り方になります。しらいさんの故郷・新潟県では、甘煮くるみを太巻きに入れるそう。これをおいなりさんの具にしたら、新しいおいしさが生まれました。黒糖でこっくり煮上げた江戸前風の油揚げも、くるみに負けないおいしさです。

甘煮くるみのおいなりさんの材料(10コ)

 

すし飯
180ml(1合)
すし酢
米酢 大さじ2
砂糖 大さじ1
小さじ1/2
油揚げ 5枚
くるみ 90g
A
カップ1と1/2
黒砂糖(粉末/または砂糖) 大さじ6
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ2
B
大さじ5
砂糖 大さじ2
しょうゆ・みりん 各大さじ1
新しょうがの甘酢漬け(市販) 適宜

 

 

甘煮くるみのおいなりさんの作り方

1.すし飯を作ります。

米(180ml(1合))は洗い、普通に水加減をして炊飯器で炊きます。

すし酢の米酢(大さじ2)・砂糖(大さじ1)・塩(小さじ1/2)をよく混ぜ合わせます。

 

 

 

2.炊きたてのご飯を盤台またはボウルに入れ、すし酢を回しかけます。

手早く切りますように混ぜ、なじんだらすばやくうちわであおぎ、余分な水分をとばします。

つやが出たらぬれ布巾をかけて人肌まで冷まします

 

 

 

2.油揚げ(5枚)は菜箸を転がしてのしてから半分に切り、中を開いて袋状にします。

沸騰した湯に入れてひと煮立ちさせたら、ざるに上げて水けを絞ります。

 

 

 

3.鍋にAの水(カップ1と1/2)・黒砂糖(粉末/または砂糖 大さじ6)・しょうゆ(大さじ3)・みりん(大さじ2)を入れて火にかけ、沸騰したら2を加えます。

落としぶたをし、汁けがなくなるまで弱めの中火で15分間ほど煮て、そのまま冷まします。

 

 

 

4.くるみ(90g)は包丁で粗く刻んでフライパンに入れ、Bの水(大さじ5)・砂糖(大さじ2)・しょうゆ・みりん(各大さじ1)を加えます。

弱めの中火で汁けがなくなるまで2~3分間煮からめます。

 

 

 

5.すし飯に4の2/3量を混ぜ、10等分して丸めます。

 

 

 

6.油揚げは両手ではさみ、汁けをきります。

油揚げ5切れに5のすし飯を詰め、袋の口を閉じます。残り5切れはすし飯を詰めたら袋の口を折り返し、残ったくるみを等分にのせます。

器に盛り、好みで新しょうがの甘酢漬け(市販 適宜)を添えます。

このページの先頭へ