やたら

やたら

料理名 やたら
番組名 NHKきょうの料理
放送局 NHK
放送日 2018年8月23日(木)

 

コメント

藤岡弘、さんが長野県北部・奥信濃で工夫を凝らした郷土料理を紹介。ここでは、「やたら」の作り方になります。「やたら入れる、やたら刻む、やたらうまい」ことからこの名で呼ばれ、好みの野菜を細かく刻んで混ぜ、しょうゆなどで味つけした料理。

やたらの材料(つくりやすい分量)

 

好みの野菜 約500g
20g(野菜の重量の4%)
みそ 200g
みりん カップ1/2
砂糖 30g

 

 

やたらの作り方

1.好みの野菜(約500g)をポリ袋に入れ、塩(20g(野菜の重量の4%))を加えてなじませ、冷蔵庫に約24時間おきます。

それぞれ食べやすい大きさの薄切り(せりは2cm長さに切る)にしてから、水で洗い、約3分間水にさらして塩を抜く。紙タオルで水けを拭き、さらし布(またはガーゼ)の袋に入れます。

●今回の野菜はきゅうり2本、にんじん<小>1本、エシャレット5コ、せり30g、しょうが1かけ

 

2.みそ(200g)、みりん(カップ1/2)、砂糖(30g)を混ぜ、半量をバットなどに敷き詰めます。

皿などをのせておもしをし、冷蔵庫に入れます。

時々上下を返しながら漬けます。1週間後くらいからおいしく食べられます。

このページの先頭へ