とうがんとセロリのきんぴら

とうがんとセロリのきんぴら

料理名 とうがんとセロリのきんぴら
番組名 NHKきょうの料理
料理人 古田等
放送局 NHK
放送日 2019年5月22日(水)

 

コメント

「つくろう!にっぽんの味47」今回は沖縄県。とうがんを使った料理からここでは、「とうがんとセロリのきんぴら」の作り方になります。甘めのあれをまとったとうがんにセロリの風味がよく合います。歯ごたえのいいシャキシャキ感がアクセントの一品。

とうがんとセロリのきんぴらの材料(2人分)

 

とうがん (正味)300g
セロリ 100g
赤とうがらし(ヘタと種を取り除く) 2本
A
しょうゆ 大さじ3
砂糖・酒 各大さじ2
●サラダ油・ごま油

 

 

とうがんとセロリのきんぴらの作り方

1.とうがん((正味)300g)は皮をしまむきにし、太めの拍子木形に切ります。

セロリ(100g)は筋を取り、とうがんと同じくらいの太さに切ります。

Aのしょうゆ(大さじ3)・砂糖・酒(各大さじ2)は混ぜ合わせておきます。

 

 

 

2.中華鍋またはフライパンにサラダ油(大さじ1)を強火で熱し、とうがんを炒めます。

色鮮やかになったらセロリを加えて炒め、一度取り出します。

 

 

 

3.2にサラダ油(大さじ1/2)を足して弱火で熱し、赤とうがらし(ヘタと種を取り除く 2本)を炒めます。

香りが出てきたらAを加え、軽くとろみがつくまで煮詰めます。

2を戻し入れ、全体に味がからんだら、ごま油(小さじ1)を回しかけます。

このページの先頭へ