鯛と大根の中華風煮込み

鯛と大根の中華風煮込み

 

料理名 鯛と大根の中華風煮込み
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 石川智之
放送局 テレビ朝日
放送日 2019年11月6日(水)

 

コメント

「根菜いろいろ」というテーマで、「鯛と大根の中華風煮込み」の作り方の紹介です。「スープにたいの旨みがたっぷりで、ナンプラーの風味やザーサイの香りも相まって、すごく複雑な味。これまで食べたことがないおいしさです。たいの身をほぐしながら食べると最高!しっかりした味なので、お酒のアテにもよさそうですね。」と上沼恵美子さん。

鯛と大根の中華風煮込みの材料(2人分)

 

大根 150g
小さじ1/4
砂糖 小さじ1/4
たい(骨つき) 2切れ(250g)
片栗粉 小さじ2
豚バラ肉(薄切り) 40g
ザーサイ(味つき) 20g
青ねぎ 1本
みそ 小さじ1
中華スープ 300ml
ナンプラー 小さじ2
適量

 

 

鯛と大根の中華風煮込みの作り方

1、大根(150g)は皮をむき、1cm幅のいちょう切りにして耐熱皿に並べ、塩(小1/4)、砂糖(小1/4)をまぶし、ラップをかけて600Wの電子レンジで3分加熱します。

2、たい(骨つき 2切れ(250g))に片栗粉(小2)をつけ、豚バラ肉(薄切り 40g)は3cm幅に切り、ザーサイ(味つき 20g)は2cm幅に切り、青ねぎ(1本)は斜め細切りにします。

 

3、フライパンに油適量を熱し、たいの皮目に強火で焼き色をつけ、たいを裏返して豚肉を加えて炒め、みそ(小1)を加えて炒め、中華スープ(300ml)、大根、ザーサイを加えて中火で3分煮ます。

 

4、(3)に青ねぎ、ナンプラー(小2)を加えて器に盛ります。

 

鯛の人気レシピ

第1位

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

鯛を丸ごと入れると、お米の循環を妨げて美味しく炊けません。 鯛の旨味をめっぱい引き出して、家庭でも簡単に出来る、失敗しない美味しい鯛飯レシピのコツをご紹介~!

第2位

エノキと鯛の炊き込みご飯

エノキと鯛の炊き込みご飯

スーパーで売っている鯛の切り身で簡単鯛めしが作れます。 いつもの炊き込みご飯をグレードアップさせちゃいましょう♪

第3位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第4位

決定版!失敗なしの魚のあら煮

決定版!失敗なしの魚のあら煮

お魚屋さんで売られているようなあら煮に憧れて色々と試行錯誤して完成したレシピです! 間違いなし、失敗なし!!これが決定版です。

このページの先頭へ