焼き餃子(春雨入り)

焼き餃子(春雨入り)

料理名 焼き餃子(春雨入り)
番組名 噂の東京マガジン やってTRY!
料理人 宮本莊三
放送局 TBS
放送日 2019年4月28日(日)

 

コメント

噂の東京マガジンでは、「焼き餃子」をやってTRYです。そこでスタジオでは、「中国四川料理剣閣」の宮本シェフが「焼き餃子(春雨入り)」を作りました。春雨を入れた旨味が凝縮された焼き餃子です。タネを2時間程度寝かせると旨味を吸い、野菜の水分が抜けるので焼く時に破裂しません。

焼き餃子(春雨入り)の材料(20個分)

 

にら 1/4束
白菜 80g
しょうが 10g
ほかの具材
豚ひき肉 120g
春雨(水で戻したもの) 50g
餃子の皮 20枚
調味料
大さじ1
しょうゆ 大さじ1と1/3
小さじ1/2
こしょう 少々
砂糖 少々
鶏ガラスープ 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
ねぎ油 大さじ1
ごま油 小さじ1

 

 

焼き餃子(春雨入り)の作り方

 

① 白菜(80g)を湯がき、みじん切りにした後、キッチンペーパーなどで水分をよく取ります。

② にら(1/4束)、しょうが(10g)をみじん切りにします。

③ ボウルに①と②、ほかの具材の豚ひき肉(120g)・春雨(水で戻したもの 50g)と調味料の酒(大さじ1)・しょうゆ(大さじ1と1/3)・塩(小さじ1/2)・こしょう(少々)・砂糖(少々)・鶏ガラスープ(大さじ1)・オイスターソース(大さじ1)・ねぎ油(大さじ1)・ごま油(小さじ1)を入れて、混ぜ合わせながらよくこねます。

※時間があればタネを2時間程度寝かせると、春雨が旨みを吸ってよりおいしくなる

④ 餃子の皮(20枚)の周りに指で水をつけ、③を載せてつまむようにしながら包みます。

⑤ フライパンに④を載せて餃子が半分つかる程度のお湯を加えてフタをして、中火で3分程度蒸し焼きにします。

※水を早めに足すことで焦げにくくなる

⑥ 水がある程度なくなると黒くなった水が残るのでキッチンペーパーでふきとって、サラダ油(分量外)を加えます。

※サラダ油を加えると盛り付けのときに餃子が張り付かない

⑦焼き面がパリパリになったら盛り付けて完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

餃子の人気レシピ

第1位

ジューシーな餃子☆

ジューシーな餃子☆

この餃子食べたら、もう他の餃子は食べられない!!って位おいしいです♪ 分量は大判約50~60個分です。多い方はまずは半量からお試しください。冷凍保存可能です。

第2位

とまらなくなる焼き餃子!

とまらなくなる焼き餃子!

次の日も食べたくなっちゃうくらい、はまっちゃいます!

第3位

下味がおいしさの秘訣! ”焼き餃子”

下味がおいしさの秘訣! ”焼き餃子”

我が家の人気メニューです。中はジューシー外はパリパリで、思わず食べすぎてしまいす。タネに下味をつけるのがポイントです。

第4位

冷凍ぎょうざと白菜の中華スープ

冷凍ぎょうざと白菜の中華スープ

スープに冷凍しておいた餃子を入れて、ボリュームアップ♪

このページの先頭へ