最新レシピをお知らせします

最新レシピをメールでお知らせいたします。


※ご登録後、自動返信メールが送信されますので、認証してください

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

松任谷正隆のサヴァラン

松任谷正隆のサヴァラン

料理名 松任谷正隆のサヴァラン
番組名 グレーテルのかまど
料理人 瀬戸康史
放送局 NHK
放送日 2021年5月17日(月)

コメント

グレーテルのかまどでは、瀬戸康史さんが「松任谷正隆のサヴァラン」の作り方を紹介。松任谷さんが幼い頃に食べた、シンプルなサヴァラン。お酒の味わいとフルーティーさが絶妙!違う世界にいざなってくれる味わいをご堪能あれ!

松任谷正隆のサヴァランの材料(5.5㎝サヴァラン型14~15個分)

サヴァラン生地
強力粉 125g
2.5g
グラニュー糖 5g
牛乳 25ml
インスタント・ドライ・イースト 2g
全卵 75g(1.5個分/M)
生クリーム38% 50g
シロップ
1000ml
グラニュー糖 400g
ラム酒 50ml
オレンジ(国産) 1個
レモン(国産) 1個
ラム酒 適量
ナパージュ(加熱用) 200g
ピンクグレープフルーツ果汁 30ml
ホイップクリーム
生クリーム38% 200g
粉砂糖 16g

松任谷正隆のサヴァランの作り方

●下準備

※強力粉(125g)をふるっておく

※型にうすくバターをぬっておく(分量外)

※オーブンを180℃に温めておく

※オレンジ(国産 1個)とレモン(国産 1個)に洗剤をつけて洗い、それぞれ3枚、5㎜幅の輪切りにし、残りの果実を絞っておく

サヴァラン生地を作る

1、ボウルにふるった強力粉(125g)、塩(2.5g)、グラニュー糖(5g)を入れ、泡だて器で混ぜます。

2、約35℃に温めた牛乳(25ml)にイーストを入れ、泡だて器でよく混ぜ、全卵(75g(1.5個分/M))を加えてよく混ぜます。

3、ステップ2をステップ1に入れ、粉気がなくなるまでこねます。ボウルから取り出し、台の上で約5分こすりつけます。

4、ぬれ布巾をかぶせ、10分休ませます。

5、生クリーム38%(50g)を少しずつ加え、さらにこねます。なめらかにのびるようになったら出来上がりです。

6、ぬれ布巾をかぶせ、2倍に膨れるまで発酵させます。

7、ガスを抜き、絞り袋に詰めます。型に16~18g絞り出し、水で濡らしたはさみで切ります。

8、指を水で濡らし、叩きますようにしながら生地をならします。プレートに並べ、約15分発酵させます。

9、180℃のオーブンで約25分焼きます。

10、型から外し、翌日まで置きます。

シロップを作る

11、鍋に水(1000ml)、グラニュー糖(400g)、オレンジ(国産 1個)とレモン(国産 1個)の輪切りを入れ、沸騰させます。

12、輪切りを取り出し、オレンジとレモンの果汁を加えます。火を止めてラム酒(50ml)を加えます。

仕上げ

13、シロップを弱火にかけ、軽く沸いている状態を保ちます。

14、生地のくぼんだ方を下に向けて浸し、穴杓子等でときどき軽く押さえたり、上下を返しながらシロップを中心まで十分にしみこませます。

15、芯が残っていないか、指で押さえ確かめます。

16、バットにのせた網の上で余分なシロップを切り、お好みでラム酒(適量)をふりかけます。

17、粗熱がとれたら、ピンクグレープフルーツ果汁(30ml)を入れて煮詰めた熱いナパージュ(加熱用 200g)を塗ります。

18、くぼんでいる部分に生クリーム38%(200g)・粉砂糖(16g)を泡立てたホイップクリームを絞ります。次の日までに召し上がってください。

松任谷正隆のサヴァラン

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ