最新レシピをお知らせします

こちらにご登録ください。
最新レシピをメールでお知らせいたします。

※ご登録後メールが送信されます
※osarai-kitchen.comからのメール受信を許可してください


鶏肝の土手煮

鶏肝の土手煮

鶏肝の土手煮

料理名 鶏肝の土手煮
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト 佐々木健介
放送局 テレビ朝日
放送日 2014年8月25日(月)

 

ご飯がすすむスタミナメニュー

今日の上沼恵美子のおしゃべりクッキングでは、「鶏肝の土手煮」を作って紹介していました。鶏肉レバーの臭みを消して、うま味だけを上手く残した一品です。「おいしい。レバーのおいしさがちゃんと残ってます。ご飯に合いますね。見た目が茶色だけど、おいしいですよ。」と上沼恵美子さん。ゲストの佐々木健介さんもご飯が止まらない様子でした。

鶏肝の土手煮の材料(2人分)

 

鶏レバー 200g
大根 200g
ししとう 6本
しょうが(せん切り) 20g
青ねぎ(小口切り) 1本
七味唐辛子 適量
煮汁
だし 300ml
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ3
しょうゆ 大さじ1
赤だし用みそ 50g

 

 

鶏肝の土手煮の作り方

鶏肝の土手煮1、鶏レバー(200g)は一口大に切り、水で洗って血のかたまりを取り、熱湯にくぐらせ、水に落として水気を取る。

※鶏レバーは血のかたまりを取り除く。

鶏肝の土手煮2、大根(200g)は皮をむいて2cm厚さのいちょう切りにし、ししとう(6本)のへたを切る。

 

鶏肝の土手煮3、鍋に煮汁のだし(300ml)、みりん(大2)、砂糖(大3)、しょうゆ(大1)、鶏レバー、大根、しょうが(せん切り 20g)を入れ、赤だし用みそ(50g)を煮汁の一部で溶きのばして加え、火にかけて落とし蓋をし、中火で15分煮る。

※しょうがを加えてクセを消す。

鶏肝の土手煮

鶏肝の土手煮

4、(3)にししとうを加えてサッと煮て器に盛り、青ねぎ(小口切り 1本)の小口切り、七味唐辛子(適量)をふり、鶏肝の土手煮の完成。

 

鶏肝の土手煮

このページの先頭へ