金目鯛の煮つけ

金目鯛の煮つけ

料理名 金目鯛の煮つけ
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2019年2月9日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは、土井善晴さんが「金目鯛の煮つけ」の作り方を紹介しました。切り身とごぼう、調味料を入れて煮るだけ。野菜はこんにゃくなど副菜で大丈夫です。

金目鯛の煮つけの材料(2人分)

 

キンメダイ(切り身) 2切れ(1切れ100~130g)
ごぼう 50g
<煮汁>
醤油 大さじ1と1/2
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
1/4カップ
1/2カップ

 

 

金目鯛の煮つけの作り方

1.キンメダイ(切り身 2切れ(1切れ100~130g))の切り身は、水気をきれいに拭き取ります。キンメダイに飾り包丁を入れます(忘れても大丈夫です)。

 

 

2.鍋に水(1/2カップ)、酒(1/4カップ)、醤油(大1と1/2)、砂糖(大1)、みりん(大1)を入れて温めたところに、キンメダイを皮目を上にして入れ、隙間に、5~6cm長さの割り箸状に切ったごぼう50g(こんにゃくなど副菜)を入れます。煮汁を回しかけて、表面に火を通します。

 

 

3.落とし蓋をして5~7分ほど煮ます。火加減は中火から強火です。

 

 

4.魚がうねる様子で、火が通っているのがわかります。また、煮汁が煮つまり、軽くとろりとしていればできあがりです。

このページの先頭へ