青じそど根性みそ

青じそど根性みそ

料理名 青じそど根性みそ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 Mako
放送局 NHK
放送日 2018年7月17日(火)

 

コメント

香り豊かなアイデアレシピから保存がきく作り置き料理の紹介。ここでは、「青じそど根性みそ」の作り方になります。たっぷりの青じそに香ばしさ、削り節のうまみ、そして赤とうがらしの刺激がマッチしたMakoさんのおはこ保存食。ご飯にのせて食べてもよし、調味料として使ってもよしな万能みそです。

青じそど根性みその材料(つくりやすい分量)

 

青じそ 5ワ(50g)
白ごま 100g
赤とうがらし(ヘタと種を除き小口切り) 8~10本分
みそ(好みのもの) 500g
砂糖 200g
削り節 20g
サラダ油 大さじ3
●みりん

 

 

青じそど根性みその作り方

1.白ごま(100g)は香ばしくいっておきます。

青じそ(5ワ(50g))は軸ごと粗みじんに切り、半量ずつに分けます。

 

 

 

2.フライパンまたは鍋にサラダ油(大3)と赤とうがらし(ヘタと種を除き小口切り 8~10本分)を入れ、中火で熱します。

油が赤く色づいてきたら、焦がさないように火を弱めます。

 

 

 

3.2に青じその半量を加え、油となじんだらみそ(好みのもの 500g)と砂糖(200g)を加え、砂糖を溶かすようにゆっくり混ぜ、みそがグツグツとするまで火を通します。

削り節(20g)と1のごまを加え、さらに練って全体になじんだら火を止めます。

※みそが堅い場合は、みりん適宜を加えます。あまり煮詰めすぎると冷めたときに堅くなりすぎるので、少し柔らかさが残る程度で火を止めます。

 

 

 

4.残りの青じそを加え、よく混ぜてなじませます。しっかり冷ましてから密閉容器に入れます。

●保存:冷蔵庫で1か月間・冷凍庫で半年間

このページの先頭へ