さわらの塩焼き 薬味みそ添え

さわらの塩焼き 薬味みそ添え

さわらの塩焼き 薬味みそ添え

料理名 さわらの塩焼き 薬味みそ添え
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 石原 洋子
放送局 日本テレビ
放送日 2016年4月6日(水)

 

さわらを薬味みそと合わせて

「さわらの塩焼き 薬味みそ添え」の作り方のご紹介です。塩焼きしたさわらとカブに、薬味みそをつけながらいただきます。薬味みそは焦げやすいので必ず弱火で、泡が出てツヤが出てくるまで煮詰めましょう。薬味みそは冷蔵庫で1週間保存可能です。

さわらの塩焼き 薬味みそ添えの材料(4人分)

 

さわら 4切れ(400g)
小さじと1/2
大さじ1
小さじ1/2
かぶ 3個
薬味みそ(作りやすい分量。このうち半量を使用)
みそ 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
万能ねぎ 2本
しょうが 1かけ
すり白ごま 大さじ1

 

 

さわらの塩焼き 薬味みそ添えの作り方

1、さわら(4切れ(400g))は身のほうに下味用の塩(小1/2 小と1/2)と酒(大1)をふり、30分おく。

2、かぶ(3個)は茎を2~3cm残して葉を落とし、根元の汚れた部分はそぎとり、よく洗ってから縦4つ割りにする。

さわらの塩焼き 薬味みそ添え3、薬味みそを作る。万能ねぎ(2本)は小口切りにし、しょうが(1かけ)はみじん切りにする。小鍋にみそ(大2)、みりん(大2)、砂糖(大2)、しょうゆ(大1)を入れて火にかけ、木ベラで混ぜながらツヤが出るまで弱火で煮る。火からおろして粗熱をとり、万能ねぎ、しょうが、すりごまを加えて混ぜ合わせる。

※薬味みそは焦げやすいので必ず弱火で煮詰めること(泡が出てツヤが出てくるまで)。

●薬味みそは冷蔵庫で1週間保存可能

4、グリルにかぶを並べ、焼き目がつくまで約15分焼いて(途中、上下を返す)とり出す。

さわらの塩焼き 薬味みそ添え5、(1)のさわらの水気をふいて皮の部分に塩をふり、皮を上にしてグリルにのせ、焼けたら返して両面を色よく焼き上げる。

さわらの塩焼き 薬味みそ添え6、器にさわらとかぶを盛り、3の薬味みそを等分して添え、さわらの塩焼き 薬味みそ添えの完成。

 

さわらの人気レシピ

第1位

サワラの味噌マヨ焼き(全工程写真あり)

サワラの味噌マヨ焼き(全工程写真あり)

味噌と、マヨネーズを混ぜ合わせたのが好きなので、サワラに塗った後は、冷蔵庫の中でほったらかし(漬け込んでから)グリルで焼くよ。

第2位

さわらの照り焼き

さわらの照り焼き

くせのないさわらを、タレに漬け込んだ照り焼きにしました。

第3位

鰆の塩麹漬け焼き

鰆の塩麹漬け焼き

塩麹に漬け込んだ鰆を、グリルでこんがり焼きました。春の代表の鰆ですが、夏の暑い時季にも店頭に並んでいたので塩焼きにしました。

第4位

ふっくらフワフワ♪鰆の蒲焼き

ふっくらフワフワ♪鰆の蒲焼き

イワシやサンマの蒲焼きと同じ味付けですが魚が違うとまた全然違った感じになります。 身がふっくらしてとっても美味しいです。

このページの先頭へ