ミラノ風チキンカツ

ミラノ風チキンカツ

料理名 ミラノ風チキンカツ
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 小池浩司
放送局 テレビ朝日
放送日 2019年2月15日(金)

 

コメント

「和洋中のカツ」というテーマで、「ミラノ風チキンカツ」の作り方の紹介です。「チーズのコクが旨みになっていて、塩気も絶妙!パルメザンチーズって、焼くとこんなにおいしくなるんですね。淡泊なお肉との相性もバッチリで、鶏胸肉の一番おいしい食べ方かも。ぜひ作ってみてください。おいしさにビックリしますよ!」と上沼恵美子さん。

ミラノ風チキンカツの材料(2人分)

 

鶏胸肉(皮なし) 1枚(200g)
パルメザンチーズ(粉) 大さじ2
溶き卵  1/2個分
パン粉 適量
バター 20g
ベビーリーフ 適量
ドレッシング 適量
レモン 適量
適量
こしょう 適量
バージンオリーブ油 適量

 

 

ミラノ風チキンカツの作り方

1、鶏胸肉(皮なし 1枚(200g))は厚みが半分になるように切り、ビニール袋を水でぬらして入れ、肉叩きで叩いて厚さを均一にのばします。

 

2、鶏肉の両面に塩(適量)、こしょう(適量)、パルメザンチーズ(粉 大2)をまぶし、溶き卵(1/2個分)、パン粉(適量)の順につけ、片面に包丁の背で格子模様をつけます。

 

3、フライパンにバター(20g)とバージンオリーブ油(適量)を中火にかけ、泡立ってきたら鶏の格子模様を下にして、フライパンをゆらしながら中火で2分焼きます。

 

4、(3)が色づいたら裏返して更に1分焼き、網に取り出します。

 

5、器に(4)、ベビーリーフ(適量)を盛ってドレッシング(適量)をかけ、くし形に切ったレモン(適量)を添えます。

 

 

このページの先頭へ