鶏むね肉の黄金焼き

鶏むね肉の黄金焼き

料理名 鶏むね肉の黄金焼き
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2019年8月14日(水)

 

コメント

大原千鶴のお助けレシピ。今回は「急な来客にも慌てない!身近なものでおもてなし」料理を紹介。ここでは、「鶏むね肉の黄金焼き」の作り方になります。卵の衣をつけて黄金色に焼き上げた肉は、口当たりふんわり生のトマトを使った簡単ソースが爽やかです。皮は別にパリパリに焼けば、おつまみにもなります。

鶏むね肉の黄金焼きの材料(3~4人分)

 

鶏むね肉 1~2枚(450~500g)
溶き卵 1コ分
好みの野菜(レタス、ラディッシュなど) 各適量
●塩・こしょう・小麦粉・ごま油
ダブルトマトソース(つくりやすい分量)
トマト(すりおろす) 1コ分(カップ3/4)
トマトケチャップ カップ1/4

 

 

鶏むね肉の黄金焼きの作り方

1.鶏むね肉(1~2枚(450~500g))は皮を外し(皮はとっておく)、一口大のそぎ切りにします。

塩・こしょう各適量をふり、小麦粉適量をまぶして溶き卵(1コ分)をからめます。

 

 

 

2.フライパンにごま油大さじ2を入れて熱し、1を並べてふたをして弱火で焼きはじめます。

 

 

 

3.1の鶏の皮を焼きます。別のフライパンに皮の表側を下にして広げ、中火で焼きます。

片面がこんがりと焼けてきたら上下を返し、フライ返しを押しつけるようにして焼きます。

出てきた脂を紙タオルで拭き取り、塩少々をふります。

 

 

 

4.2の鶏肉が白くなったら上下を返し、火が通ったら網に上げて一度蒸気を逃がします。3の皮、好みの野菜(レタス、ラディッシュなど 各適量)とともに器に盛り、混ぜ合わせたトマト(すりおろす 1コ分(カップ3/4))とトマトケチャップ(カップ1/4)のダブルトマトソース(適量)を添えます。

●ダブルトマトソースは、冷蔵庫で10日間保存可能

このページの先頭へ