夏野菜を使ったシーフードカレー

シーフードカレー

シーフードカレー

料理名 夏野菜を使ったシーフードカレー
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2018年8月26日(日)
2017年7月2日(日)

 

お家で作れる本格シーフードカレー

男子ごはんでは、残暑厳しい今の時期にオススメ!夏に食べたいカレーを大特集!これまで放送したメニューから3品を紹介。ここでは、「夏野菜を使ったシーフードカレー」の作り方になります。エビの頭と殻、アサリを使って、旨味の詰まった魚介のだしを作るところが、美味しさのポイント!旬のパプリカやなす、ズッキーニなどの炒めた夏野菜と合わせて、お家で作れる大満足の本格シーフードカレーレシピ。

夏野菜を使ったシーフードカレーの材料(4人分)

 

有頭エビ 8尾
アサリ(砂抜き済) 250g
イカ 1~2杯(300g)
赤パプリカ 1/2個
ナス 1本
ズッキーニ 1/2本
カレールゥ 4片
にんにく 2片
ローリエ 1枚
カレー粉 小さじ1
ウスターソース 大さじ1/2
オリーブ油 大さじ5
適量
温かいごはん 4人分
(a)
1L
白ワイン 大さじ2
(b)
バター 10g
薄力粉 大さじ1

 

 

夏野菜を使ったシーフードカレーの作り方

1、有頭エビ(8尾)は頭を取って殻をむいて背開きにして背ワタを取り除く(頭と殻は残しておく)。イカ(1~2杯(300g))は胴に指を入れて内臓をはずして引き抜き、胴と足に分ける。

胴は1cm幅に切る。足は食べやすく切り分け、足の先は切り落とす。エビ、イカそれぞれ塩(適量)で下味を付ける。

2、赤パプリカ(1/2個)は横半分に切ってから縦1cm幅に切る。ズッキーニ(1/2本)は5㎜厚さの半月切りにする。ナス(1本)はヘタを取り、5㎜厚さの半月切りにする。にんにく(2片)は潰す。

シーフードカレー3、フライパンを熱してオリーブ油(大2)をひき、にんにくを炒める。香りが出てきたらエビの殻をいれて強火でザッと炒め、油が回ったらアサリ(砂抜き済 250g)を加えて炒める。

(a)の水(1L)、白ワイン(大2)、ローリエ(1枚)を加えて蓋をする。沸いてきたら火を弱めて、エビの頭を潰しながら10分煮る。

4、(b)のバター(10g)を溶かして薄力粉(大1)とよく混ぜ合わせておく。

5、3をザルで漉す。アサリの実を取り出し、にんにくと共に鍋に戻す。エビの殻とアサリの殻を押さえて絞り、スープをとる。スープも鍋に戻す。

シーフードカレー6、5を火にかけフツフツしてきたらカレールゥ(4片)、カレー粉(小1)、ウスターソース(大1/2)を加えて溶き混ぜる。4を加えてひと煮し、とろみがついたら、塩(小1/3)を加えて混ぜる。味をみて足りなければ塩で調える。

シーフードカレー7、フライパンを熱してオリーブ油(大1.5)をひきナスを入れて強火で炒める。油が回ったらオリーブ油(大1/2)を足しズッキーニ、赤パプリカの順に加えて塩(小1/4)を振って炒める。ナスが少ししんなりしたら取り出す。

8、フライパンにオリーブ油(大1/2)を足し、イカを強火で炒める。色が変わったら取り出す。同様にエビもフライパンにオリーブ油(大1/2)を足し、強火で炒める。エビは途中蓋をして、色が変わったら取り出す。

※魚介は煮込まず別々に炒めることで、身が固くならず素材の旨味も残せる

シーフードカレー9、器に温かいごはん(4人分)を盛って7、8をのせ、6をかけて、夏野菜を使ったシーフードカレーの完成。

≪付け合わせ≫

「グレープフルーツとズッキーニのサラダ」レシピはこちら

≪ほか紹介の2品≫

「夏の本格的チキンカレー」=>レシピはこちら

「骨付き鶏モモ肉と揚げナスのスープカレー」=>レシピはこちら

夏野菜の人気レシピ

第1位

プロ直伝!野菜炒め

プロ直伝!野菜炒め

意外と奥が深い野菜炒め!家庭でも美味しく出来ちゃいますよ♪

第2位

簡単おいしい!我が家のチンジャオロース(青椒肉絲)

簡単おいしい!我が家のチンジャオロース(青椒肉絲)

我が家では、たけのこが無い時が多いので、いつもじゃがいもで代用しています!歯ごたえがいいですよ!

第3位

簡単で美味しい!ピーマンの肉詰め♪

簡単で美味しい!ピーマンの肉詰め♪

ピーマンも柔らかくなって、とっても美味しいです!夕飯はもちろんだけど、お弁当にもおすすめです!

第4位

もとなんていりません!簡単うまうまチンジャオロース

もとなんていりません!簡単うまうまチンジャオロース

冷蔵庫にある材料でパパっと作れる簡単レシピです。素なんて買う必要ありません!

このページの先頭へ