魚と野菜の紙包み焼き

魚と野菜の紙包み焼き

魚と野菜の紙包み焼き

料理名 魚と野菜の紙包み焼き
番組名 おかずのクッキング
コーナー できるかな1分クッキング
講師 鈴木薫
放送局 テレビ朝日
放送日 2014年7月5日(土)

魚と野菜の紙包み焼きの材料(2人分)

白身魚の切り身 2切れ
ミニトマト 4個
オクラ 4本
しめじ 1/2パック(50g)
レモンの薄切り 2枚
オリーブオイル 大さじ2
小さじ2/3
こしょう 少々

夏野菜の旨みを閉じ込めた魚の包み焼き

包みを開けるのが楽しい!包みを開けた瞬間、フワッとレモンの香りが立ちます。魚と野菜のうま味を紙に閉じ込めて蒸し焼きしました。夏野菜の旨みがソースとなって、ふっくらしっとり、やわらかい白身魚に絡みます。

ミニトマトときのこのうま味が、白身魚に染み込んだ簡単ヘルシー料理、おすすめです。オリーブ油をごま油に代えて作れば、和食のおかずとしても美味しくいただけます。

作り方

START!

魚と野菜の紙包み焼き1、天板にクッキングシートを2枚敷き、それぞれ白身魚(今回はタラを使用)をのせる。 


10秒

魚と野菜の紙包み焼き2、オクラ(4本 )は軸を切り取り、しめじ(1/2パック(50g) )は石づきを除き小房に分け、ミニトマト(4個 )はへたを取って、各半量ずつシートに乗せる。 

30秒

魚と野菜の紙包み焼き3、それぞれに塩(小2/3 )、こしょう(少々)をふり、オリーブオイル(大2 )を回しかけて、レモン(薄切り2枚)をのせる。 

40秒

魚と野菜の紙包み焼き4、シートの上下をたたんで包み、両端をねじって留める。 

1分


魚と野菜の紙包み焼き5、下ごしらえ終了。約200℃のオーブンで15分ほど焼く。 

FINISH!


魚と野菜の紙包み焼き6、そのまま器に盛りつけて完成。

このページの先頭へ