食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

夏野菜を食べる南蛮漬け

夏野菜を食べる南蛮漬け

料理名 夏野菜を食べる南蛮漬け
番組名 おかずのクッキング
料理人 飛田和緒
放送局 テレビ朝日
放送日 2021年7月17日(土)

コメント

おかずのクッキングでは、飛田和緒さんが「夏野菜を食べる南蛮漬け」の作り方を紹介しました。南蛮漬けのいいろころは、野菜がたっぷり食べられること。エビから出る「だし」の力を借り、夏野菜を主役にする常備菜です。

夏野菜を食べる南蛮漬けの材料(4~5人分)

エビ(中) 20尾
玉ねぎ 大1コ(300g)
にんじん 1本
カラーピーマン(赤、黄色、緑) 各1コ
しょうが(あれば、新しょうが) 50g
A
しょうゆ 大さじ3
80ml
砂糖 大さじ2
だし汁 大さじ2
赤とうがらし(種を取る) 1~2本
塩、かたくり粉 各適量
大さじ3

夏野菜を食べる南蛮漬けの作り方

1.エビ(中 20尾)は背ワタを除いでかたくり粉適量をまぶし、よくもみ込んで汚れと臭みを取ります。水洗いしてキッチンペーパーで水気をふき、塩小さじ1/3ほどをふります。

2.玉ねぎ(大1コ(300g))は薄切りに、にんじん(1本)、カラーピーマン(赤、黄色、緑 各1コ)、しょうが(あれば、新しょうが 50g)はせん切りにし、バットに入れます。

3.Aのしょうゆ(大さじ3)・酢(80ml)・砂糖(大さじ2)・だし汁(大さじ2)・赤とうがらし(種を取る 1~2本)をよく混ぜ、漬けだれ(南蛮酢)を作ります。

4.フライパンに油大さじ3を熱して、1にかたくり粉をまぶしてから並べます。両面を焼き付け、2にのせていきます。

5.3を回しかけて常温で30分ほどおき、そこから返してさらに10分ほどおきます。野菜がしんなりとしたらできあがり。すぐに食べても、時間をおいても。

夏野菜の人気レシピ

第2位

夏野菜とアジの南蛮漬け

夏野菜とアジの南蛮漬け

焼いたアジを生野菜と一緒に、出し汁に漬けた一品。お酢でさっぱりしつつ、野菜の甘みと焼き油でコク ・・・

第3位

夏野菜のトマトパスタ

夏野菜のトマトパスタ

パスタの定番味付けのトマトソースパスタ。ズッキーニやナスなど夏野菜と合わせたこの時期ならではの ・・・

第4位

夏野菜のおひたし 梅豆乳ソース

夏野菜のおひたし 梅豆乳ソース

器の底には梅肉が香る梅豆乳ソースを盛り付けます。「お浸し」といっては間違いのような、上品な仕上 ・・・

その他の夏野菜のレシピはこちら => 夏野菜のレシピ

夏野菜を食べる南蛮漬け

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ