夏野菜の揚げびたし

夏野菜の揚げびたし

料理名 夏野菜の揚げびたし
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2018年8月16日(木)

 

コメント

うまみたっぷりの手作り「めんつゆ」と「うどんだし」で夏野菜をおいしく食べる方法を大原千鶴さんが伝授。ここでは、「めんつゆ」を使った「夏野菜の揚げびたし」の作り方になります。色鮮やかな旬野菜がめんつゆを含み、ご飯のすすむ惣菜に。一晩冷やしてもおいしいです。

夏野菜の揚げびたしの材料(2~3人分)

 

かぼちゃ 150g
なす 1~2コ(150g)
ピーマン 2コ
ヤングコーン 6~8本
トマト (小)2~3コ
めんつゆ カップ1
しょうが(せん切り) 少々
●揚げ油

 

 

夏野菜の揚げびたしの作り方

1.かぼちゃ(150g)は種とワタを取って1.5cm幅に切ります。

なす(1~2コ(150g))はヘタを切り、縦半分に切ってから皮に細かく斜めの切り目を入れ、長さを半分に切ります。

水に5分間さらし、水けを拭きます。

ピーマン(2コ)は縦半分に切り、ヘタと種を取ります。

トマト((小)2~3コ)はヘタをくりぬく。

 

 

2.揚げ鍋にかぼちゃを入れて揚げ油を注ぎ、中火にかけてじっくりと揚げます。

カラッと揚がったら取り出し、続いて中温(170℃)でなす、ピーマン、ヤングコーン(6~8本)の順に揚げます。

最後にトマトを数秒揚げ、皮をむきます。

 

 

 

3.2を保存容器に入れ、めんつゆ(カップ1)を注いで30分間以上おきます。

器に盛り、しょうが(せん切り 少々)をあしらいます。


「めんつゆ」=>レシピはこちら

このページの先頭へ