えびとそら豆の黄身酢あえ

えびとそら豆の黄身酢あえ

料理名 えびとそら豆の黄身酢あえ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2018年4月9日(月)

 

コメント

ばぁばこと鈴木登紀子さんが、春の体をシャッキリ目覚めさせる「あえ物」を3品紹介。ここでは、「えびとそら豆の黄身酢あえ」の作り方になります。卵黄と酢を湯煎でトロリとさせた黄身酢は、和風のマヨネーズといった風情で、甘みと酸味のバランスが絶妙です。えびとそら豆で、見目うるわしい一品。

えびとそら豆の黄身酢あえの材料(2人分)

 

えび(有頭/殻付き) 6匹
そら豆(さや付き) 6~7コ
黄身酢
卵黄 2コ分
みりん 大さじ2
大さじ2
少々
●塩

 

 

えびとそら豆の黄身酢あえの作り方

1.そら豆(さや付き 6~7コ)はさやから出し、黒い筋の反対側の丸みに浅く切り目を入れます。

塩少々を入れた熱湯でサッとゆでてざるに上げ、冷水にかけます。

切り目から押し出すようにして中身を出す。

 

 

2.えび(有頭/殻付き 6匹)は殻をむいて頭と背ワタを取り、熱湯で色よくサッとゆでます。

 

 

 

3.小鍋に卵黄(2コ分)を溶きほぐし、みりん(大2)を加えて混ぜます。

酢(大2)、塩(少々)も加えてさらによく混ぜます。

一回り大きい鍋に熱湯を沸かし、黄身酢の鍋の底を湯につけて湯煎にし、木べらで丁寧にかき混ぜながら熱します。

とろみがついたら、湯煎から外して粗熱を取ります。

 

 

 

4.器にえびとそら豆を盛り、上から3の黄身酢をかけます。または先に黄身酢を敷き、具材をのせてもよい。

そら豆の人気レシピ

第1位

そら豆☆ガーリック炒め

そら豆☆ガーリック炒め

【簡単】 包丁を使わずに\(^▽^)/そら豆を取り出して、サッと炒めるだけの簡単おつまみ!きれいなグリーン、柔らかでホクホクの食感、ビールが進みます。

第2位

グリルで濃厚な焼きそら豆

グリルで濃厚な焼きそら豆

焼く前に少し下処理をすると楽チンで食べれます! 焼いて水分が程よく抜けるので、甘みと味が濃厚に。美味しいお塩をちょっとのせて口の中に入れてみてください~

第3位

そら豆の簡単・おいしい茹で方

そら豆の簡単・おいしい茹で方

旬のそら豆を手軽な塩ゆでにして、おいしくいただきます。すぐできて、おつまみにも子どものおやつにもピッタリ♪

第4位

そら豆と海老と卵の塩炒め

そら豆と海老と卵の塩炒め

そら豆の甘さを生かすために、薄い塩味で。 彩りも春らしい炒めものです。

このページの先頭へ