鯛のごま漬け丼

スポンサーリンク

鯛のごま漬け丼

鯛のごま漬け丼

料理名 鯛のごま漬け丼
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト ナイツ
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年8月24日(月)

 

鯛を練りごまを加えた漬けダレに漬けて

なるほどクッキング~醤油とソースの活用法~ということで、「鯛のごま漬け丼」を作っていました。鯛を漬けだれのしょうゆに漬けることで身がしまり、歯応えがよくなります。「うまいなぁ。これは料理屋さんのお料理ですね。途中でお茶漬けもいいですね。」とお茶を注いだ上沼恵美子さん「あ~おいしい!!お茶を入れた方が、おいしいです。」と2度「鯛のごま漬け丼」を楽しんでいました。

スポンサーリンク

鯛のごま漬け丼の材料(2人分)

 

たい(皮つき) 200g
青じそ 4枚
みょうが 2個
貝割れ菜 1/4パック
もみのり 適量
いりごま(白) 適量
おろしわさび 適量
ご飯 400g
漬けだれ
しょうゆ 大さじ4
砂糖 大さじ1
大さじ1
練りごま 40g

 

 

鯛のごま漬け丼の作り方

鯛のごま漬け丼1、たい(皮つき 200g)の皮目に熱湯をかけ、反り返ったら冷水に落として水気を取り、5mm幅のそぎ切りにする。

※たいの皮に熱湯をかける。

-

2、青じそ(4枚)はせん切りにして水にくぐらせて水分を絞り、みょうが(2個)はみじん切りにし、貝割れ菜(1/4パック)は半分に切る。

 

-

鯛のごま漬け丼3、漬けだれのしょうゆ(大4)、砂糖(大1)、水(大1)、練りごま(40g)を混ぜ合わせ、たいを10分漬ける。

※漬けだれに練りごまを加えて風味を足す。

-

4、温かいご飯(400g)をボウルに入れ、みょうがを混ぜて器に盛り、もみのり(適量)、青じそをのせる。

 

-

鯛のごま漬け丼5、(3)のたいを(4)にのせ、いりごま(白 適量)を散らし、貝割れ菜、おろしわさび(適量)をのせて、鯛のごま漬け丼の完成。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第2位

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

鯛を丸ごと入れると、お米の循環を妨げて美味しく炊けません。 鯛の旨味をめっぱい引き出して、家庭でも簡単に出来る、失敗しない美味しい鯛飯レシピのコツをご紹介~!

第3位

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

しっぽがピンとあがっって、身がうねった料亭風の鯛の塩焼き。アジの塩焼きと同じ基本で焼いていきます。オーブンで焼くと一度に沢山、しかも綺麗にほっといても焼けます。

第4位

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

イタリア風魚の煮物です。簡単に作れるのに魚の骨やあさりからいいお出汁が出て最高に美味しく魚が食べられます。見栄えもするのでおもてなしにも♪

このページの先頭へ