お餅と合鴨のみぞれ仕立て

スポンサーリンク

お餅と合鴨のみぞれ仕立て

お餅と合鴨のみぞれ仕立て

料理名 お餅と合鴨のみぞれ仕立て
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年1月4日(水)

 

餅と合鴨をかぶと合わせて

「おもちモチモチ」というテーマで、「お餅と合鴨のみぞれ仕立て」の作り方の紹介です。フライパン1つで簡単に出来るお手軽メニュー。「これは春から縁起がいい。おもちも鴨もやわらかい。幸せな味です。こういうものは時代を超えてもずっとおいしいですね。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

お餅と合鴨のみぞれ仕立ての材料(2人分)

 

角もち 2個
合鴨胸肉(鍋用) 150g
かぶ 300g
かぶの葉 適量
柚子の皮 適量
だし 400ml
みりん 大さじ1
小さじ1/4
薄口しょうゆ 大さじ1
適量
黒こしょう 適量
片栗粉 適量

 

 

お餅と合鴨のみぞれ仕立ての作り方

1、角もち(2個)は3等分に切り、フライパンに入れて中火で両面を香ばしく焼いて取り出します。

お餅と合鴨のみぞれ仕立て

-

2、合鴨胸肉(鍋用 150g)は片面に塩(適量)と黒こしょう(適量)をふり、両面に片栗粉(適量)をまぶします。

お餅と合鴨のみぞれ仕立て

※合鴨に片栗粉をまぶし、口当たりをよくする。

-

3、かぶ(300g)は皮をむいてすりおりし、ザルで水分をきり、かぶの葉(適量)は斜め薄切りにします。

-

4、フライパンにだし(400ml)、みりん(大1)、分量の塩(小1/4)、薄口しょうゆ(大1)を入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、合鴨を加えてサッと火を通します。

-

5、(4)におろしたかぶ、もち、かぶの葉を加えて温めます。

お餅と合鴨のみぞれ仕立て

※かぶは最後に加えて甘みを残す。

-

6、器に盛り、柚子の皮(適量)をそいでのせお餅と合鴨のみぞれ仕立ての完成。

お餅と合鴨のみぞれ仕立て


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ