プラムとしょうがレモンのジャム

プラムとしょうがレモンのジャム

料理名 プラムとしょうがレモンのジャム
番組名 NHKきょうの料理
料理人 坂田阿希子
放送局 NHK
放送日 2019年6月26日(水)

 

コメント

旬の果物をコンポートやジャムにして長く楽しむレシピを紹介。ここでは、「プラムとしょうがレモンのジャム」の作り方になります。甘酸っぱい中に、ピリッとしたしょうががアクセントに。

プラムとしょうがレモンのジャムの材料(つくりやすい分量)

 

プラム 500g
グラニュー糖 300g
しょうが(ごく細いせん切り) 20g
レモン汁 大さじ1
しょうがの搾り汁 少々

 

 

プラムとしょうがレモンのジャムの作り方

1.プラム(500g)は皮をよく洗い、水けを拭きます。

種付きのまま4~6等分に切ります。

ホウロウまたはステンレスの鍋に入れてグラニュー糖(300g)の半量を加え、全体を混ぜます。

 

 

 

2.強めの中火にかけてへらで混ぜ続ける。沸騰したら弱めの中火にし、果肉をへらでくずします。全体になじんできたらしょうが(ごく細いせん切り 20g)を加えてざっと混ぜ、火を止めてレモン汁(大1)としょうがの搾り汁(少々)を加えます。

あんずジャムと同様にふたをして1時間~一晩おきます。

 

 

 

3.残りのグラニュー糖を加えて中火にかけ、沸騰したら火を弱めて好みの堅さになるまで煮詰めます。

種を除き、あんずジャムと同様に瓶に詰め、保存します。

●保存期間:未開封で1年間

※開封後は冷蔵庫に入れ、早めに食べきる

このページの先頭へ