さばの甘辛煮

さばの甘辛煮

料理名 さばの甘辛煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 本田明子
放送局 NHK
放送日 2019年4月8日(月)

コメント

万能だれ「211の甘辛だれ」を使ってここでは、「さばの甘辛煮」の作り方になります。少しくせのある青背の魚には、ふだんの煮魚よりも甘めのたれがよく合います。魚の周りには甘辛の味がからみ、箸を入れると、中はふっくらとした魚の本来の味わいを楽しめます。

さばの甘辛煮の材料(2人分)

211の甘辛だれ 大さじ2
さば(切り身) (大)2切れ(200g)
付け合わせ
かぼちゃ 100g
チンゲンサイ 1株
しょうが(せん切り) 適量
●塩

さばの甘辛煮の作り方

1.かぼちゃ(100g)は皮ごと1cm厚さに切ります。

チンゲンサイ(1株)は軸と葉に切り分け、軸は線維に沿って食べやすく切り、葉は2cm幅に切ります。

2.鍋にかぼちゃを並べ入れ、ヒタヒタの水を注ぐ。塩少々を全体にふり、上にチンゲンサイの軸、葉を順に重ねてふたをします。

中火にかけ、7~8分間ゆでます。

3.さば(切り身 (大)2切れ(200g))は紙タオルで水けを拭きます。

別の鍋に水カップ1/2と211の甘辛だれ(大2)を入れて強めの中火にかけ、フツフツとしてきたらさばを並べ入れます。

時々煮汁を回しかけながら、7~8分間、ふたを少しずらしてのせて煮ます。

4.さばを器に盛り、煮汁を少し煮つめてかけます。

しょうが(せん切り 適量)と水けをきった2の付け合わせの野菜を添えます。

このページの先頭へ