食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

ア・ショー À Chaud (熱して、興奮して)

ア・ショー A Chaud (熱して、興奮して)

料理名 ア・ショー A Chaud (熱して、興奮して)
番組名 ひるまえほっと
料理人 田崎真也
放送局 NHK
放送日 2021年7月14日(水)

コメント

田崎真也さんが最強おつまみ~スポーツ観戦編をご紹介。ここでは「ア・ショー A Chaud (熱して、興奮して)」のつくり方になります。フランス語の「興奮して」という単語をメニュー名に、そして、日本語の “圧勝” にもかけています。(ダジャレ!)熱してという意味もあり、辛くてホットに感じる料理。今回はハイボールに合わせましたが、ビール好きな人はエールタイプのビールと合わせるのもGOOD!

ア・ショー A Chaud (熱して、興奮して)の材料(2人分)

厚揚げ 1枚
チョリソーウインナー 4本
ねぎ(白い部分/2cmの小口切り) 1本
煮汁
トマトジュース 300mL
100mL
鶏がらスープの素 小さじ2
赤とうがらし 2~5本
豆板醤(トーバンジャン) 大さじ1
ラー油 大さじ1
にんにく(すりおろす) 小さじ2
しょうが(すりおろす) 小さじ2
適量
黒酢 大さじ1
サラダ油 小さじ1

ア・ショー A Chaud (熱して、興奮して)の作り方

1.小鍋に煮汁の黒酢以外のトマトジュース(300mL)・水(100mL)・鶏がらスープの素(小さじ2)・赤とうがらし(2~5本)・豆板醤(トーバンジャン 大さじ1)・ラー油(大さじ1)・にんにく(すりおろす 小さじ2)・しょうが(すりおろす 小さじ2)・塩(適量)・サラダ油(小さじ1)をを入れて沸かしながらよく混ぜ、塩(適量)で味を調えます。沸騰後、弱火で保温。

2.フライパンでサラダ油(小1)を熱し、厚揚げ(1枚)、チョリソーウィンナー(4本)、ねぎ(白い部分/2cmの小口切り 1本)を焼き色がつくまで焼きます。

3.(2)を(1)の鍋に入れて中火にし、沸騰後、弱火にして5分程度煮込んで仕上げます。

最後に黒酢(大1)を加えたら、できあがり。

ア・ショー À Chaud (熱して、興奮して)

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ