食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

ごぼうの料理レシピ(135)

ごぼうの和風サラダ

ごぼうの和風サラダ

 

料理名 ごぼうの和風サラダ
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 小林 まさみ
放送局 日本テレビ
放送日 2020年5月26日(火)

 

コメント

「ごぼうの和風サラダ」の作り方のご紹介です。食感が楽しい作りおきの一品。

(さらに…)

新ごぼうの信田巻き

新ごぼうの信田巻き

 

料理名 新ごぼうの信田巻き
番組名 NHKきょうの料理
料理人 上野直哉
放送局 NHK
放送日 2020年5月26日(火)

 

コメント

新ごぼうを使った、和のおかずを紹介。ここでは「新ごぼうの信田巻き」の作り方になります。口に含むと、おいしい煮汁がジュワッとあふれ出します。

(さらに…)

新ごぼうの白あえ

新ごぼうの白あえ

 

料理名 新ごぼうの白あえ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 上野直哉
放送局 NHK
放送日 2020年5月26日(火)

 

コメント

新ごぼうを使った、和のおかずを紹介。ここでは「新ごぼうの白あえ」の作り方になります。味をよくしみ込ませるため、新ごぼうは乱切りに。あえ衣によくからみ、香りとうまみが広がります。

(さらに…)

新ごぼうのフレッシュきんぴら

新ごぼうのフレッシュきんぴら

 

料理名 新ごぼうのフレッシュきんぴら
番組名 NHKきょうの料理
料理人 上野直哉
放送局 NHK
放送日 2020年5月26日(火)

 

コメント

新ごぼうを使った、和のおかずを紹介。ここでは「新ごぼうのフレッシュきんぴら」の作り方になります。新ごぼうはサッと炒め、味つけも控えめにします。シャキシャキした歯ごたえは、サラダにようなみずみずしさです。

(さらに…)

牛ごぼうのだしすき煮

牛ごぼうのだしすき煮

 

料理名 牛ごぼうのだしすき煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 牧野直子
放送局 NHK
放送日 2020年5月25日(月)

 

コメント

「減塩」をテーマにここでは、「牛ごぼうのだしすき煮」の作り方になります。ごぼうの香りとだしのうまみの効果で、うすめの味つけでも物足りなさを感じさせません。

(さらに…)

新ごぼうと牛肉のしぐれ煮

新ごぼうと牛肉のしぐれ煮

 

料理名 新ごぼうと牛肉のしぐれ煮
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 藤野嘉子
放送局 NHK
放送日 2020年4月7日(火)

 

コメント

春野菜の魅力を生かしたおかず作りの基本を学ぶシリーズ。ここでは、「新ごぼうと牛肉のしぐれ煮」の作り方になります。たたいたごぼうは、独特の歯ごたえ。味もしみ込みやすくなり、牛肉のうまみと甘辛味が口の中に広がります。

(さらに…)

きんぴらごぼう

きんぴらごぼう

 

料理名 きんぴらごぼう
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 藤野嘉子
放送局 NHK
放送日 2020年4月7日(火)

 

コメント

春野菜の魅力を生かしたおかず作りの基本を学ぶシリーズ。ここでは、「きんぴらごぼう」の作り方になります。おかずの定番、きんぴら。ささがきにしたごぼうは薄いのですぐに火が通り、味もよくなじみます。多めに作って常備菜にもおすすめです。

(さらに…)

新ごぼうの柳川風

新ごぼうの柳川風

 

料理名 新ごぼうの柳川風
番組名 ごごナマ
料理人 平野レミ
放送局 NHK
放送日 2020年3月10日(火)

 

コメント

ごごナマ「平野レミさんの楽しくカンタン料理」生クッキング。今日は「新ごぼうの柳川風」の作り方を紹介です。やわらかい新ごぼうを牛肉とあわせて柳川風に。そのまま食べても、丼にしてもおいしいです。

(さらに…)

揚げごぼうとチキンの黒酢あえ

揚げごぼうとチキンの黒酢あえ

 

料理名 揚げごぼうとチキンの黒酢あえ
番組名 おかずのクッキング
料理人 大原千鶴
放送局 テレビ朝日
放送日 2020年1月25日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは大原千鶴さんが「揚げごぼうとチキンの黒酢あえ」の作り方を紹介。味つけは、香ばしいごぼうと甘いにんじんに合う黒酢の甘酢で、ご飯がどんどんすすむおいしさです。

(さらに…)

祝い肴3種(田作り・たたきごぼう・酢れんこん)

祝い肴3種(田作り・たたきごぼう・酢れんこん)

料理名 祝い肴3種(田作り・たたきごぼう・酢れんこん)
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 ワタナベ マキ
放送局 日本テレビ
放送日 2019年12月26日(木)

 

コメント

「祝い肴3種(田作り・たたきごぼう・酢れんこん)」の作り方のご紹介です。れんこんは穴から先を見通せるように願いを込めた縁起もの。ごまめは五穀豊穣、子孫繁栄を願って作られます。

(さらに…)

このページの先頭へ