海鮮ケーキずし

海鮮ケーキずし

料理名 海鮮ケーキずし
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 藤井 恵
放送局 日本テレビ
放送日 2019年1月14日(月)

 

コメント

「海鮮ケーキずし」の作り方のご紹介です。

海鮮ケーキずしの材料(4人分(直径20cm、底が抜ける型1台分)

 

3合
黒米 大さじ1
540ml
すし酢
大さじ4
砂糖 大さじ3
大さじ1/2
だし昆布 4cm角
まぐろ(刺身用) 1さく(100g)
鯛(刺身用) 1さく(100g)
サーモン(刺身用) 1さく(100g)
貝割れ菜 1/2パック(25g)
絹さや 10枚
焼きのり(全形) 1枚
炒り金ごま 大さじ1
錦糸卵
砂糖 大さじ1+1/2
大さじ1+1/2
小さじ1/3
4個
しょうゆ 少々
●塩、酢、油

 

 

海鮮ケーキずしの作り方

1、米(3合)と黒米(大1)は合わせて洗い、水気をきって炊飯器に入れます。

分量の水(540ml)を注ぎ、30分ほど浸水させてから炊きます。

 

2、すし酢の酢 (大さじ4)、砂糖 (大さじ3)、塩 (大さじ1/2)、だし昆布( 4cm角)を混ぜておきます。

貝割れ菜(1/2パック(25g))は根元を切り落とし、長さを3等分に切ります。

絹さや(10枚)は筋をとり、塩少々を加えた熱湯で色よくゆで、水にとって冷まし水気をふきます。斜めに2~3等分に切ります。

焼きのり(全形 1枚)はさっとあぶり、ポリ袋に入れて細かくもんでおきます。

 

3、錦糸卵を作ります。

ボウルに砂糖(大3)、酒(大1+1/2)、塩(大1/2)を入れて混ぜ、卵(4個)を割り入れて溶きほぐします。

卵焼き器を熱し、油を薄くぬって卵液の1/5量を流し入れて焼きます。

上面が乾いてきたら返し、さっと焼いて取り出します。

同様に全部で5枚焼きます。

 

4、(3)の卵焼きが冷めたら、4辺を少し切り落として大きさをそろえ、3cm長さの細切りにします。

切り落とした部分は、細かく刻みます。

 

5、ごはんが炊き上がったら、(2)のすし酢から昆布を除いてまわしかけ、ふたをして30秒蒸らします。

ボウルなどに移し、うちわであおぎながら切るように混ぜます。

焼きのり、炒り金ごま(大1)を加えて混ぜ、人肌まで冷まします。

 

6、型の底にラップを敷き、錦糸卵の半量を敷き詰め、(5)のすしめしの半量を入れて平らにならして押す。その上に刻んだ卵焼き、残りの錦糸卵を広げ、残りのすしめしを入れて平らにならして押します。

 

7、まな板の上に(6)を返してのせ、型をはずします。包丁を酢水でぬらしながら4等分に切ります。

 

8、まぐろ(刺身用 1さく(100g))は薄くそぎ切りにします。

まぐろ3枚を1cmずつ重ねながら縦長になるように並べ、手前から巻いて花の形に仕上げます。

残りも同様にし、鯛(刺身用 1さく(100g))、サーモン(刺身用) 1さく(100g)も同様にして巻きます。

 

9、(7)を器にのせ、絹さやを散らし、(8)の3種の刺身、貝割れ菜をバランスよく飾ります。刺身にしょうゆ(少々)をハケでぬり、好みでおろしわさびを添えます。

 

 

このページの先頭へ