サバ缶の炊き込みご飯

サバ缶の炊き込みご飯

料理名 サバ缶の炊き込みご飯
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
放送局 テレビ朝日
放送日 2019年1月14日(月)

 

コメント

「サバ缶・ツナ缶・さかな缶」というテーマで、「サバ缶の炊き込みご飯」の作り方の紹介です。「こんなに簡単な作り方でできたとは思えないごちそうですね。さばのクセがもっと強く出るかと思っていましたが、ほどよい味。とてもおいしいです。」と上沼恵美子さん。

サバ缶の炊き込みご飯の材料(2〜3人分)

 

さばの水煮缶 1缶(200g)
ひじき 5g
しめじ 50g
しょうが(せん切り) 10g
梅干し 2個
青ねぎ 1本
いりごま(白) 適量
2合
360ml

 

 

サバ缶の炊き込みご飯の作り方

1、さばの水煮缶(1缶(200g))は大きな骨を取り除き、身を粗めにほぐします。

 

2、ひじき(5g)はたっぷりの水に10分つけて戻し、水気をきります。

 

3、しめじ(50g)は1.5cm長さに切り、梅干し(2個)は種を取り、青ねぎ(1本)は小口切りにします。

 

4、米(2合)は洗ってザルに15分上げておき、炊飯器に入れ、さば缶を汁ごと加え、ひじき、しめじ、しょうが(せん切り 10g)、梅干し、分量の水(360ml)を加えて炊飯します。

 

5、炊き上がりにいりごま(白 適量)、青ねぎを混ぜ合わせ、器に盛ります。

 

このページの先頭へ