鯛と筍のうま煮

スポンサーリンク

鯛と筍のうま煮

鯛と筍のうま煮

料理名 鯛と筍のうま煮
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 岡本健二
ゲスト 石田純一,東尾理子
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年4月6日(月)

 

さっと煮ただけで絶品

旬のクッキング~春はさくら鯛~鯛を食べつくす1週間。さっとタケノコと煮た「鯛と筍のうま煮」の作り方です。「こんなに短時間で味がつくなんて。驚きました。たいは火の通し方が難しいのに、こんなにしっとりおいしくなるんですね。」と上沼恵美子さん。4月初めのころの鯛は、産卵期直前で脂がのって美味しいそうです。

スポンサーリンク

鯛と筍のうま煮の材料(2人分)

 

たい(皮つき) 1/4尾(150g)
ゆでたけのこ 1本(150g)
青ねぎ 1本
桜えび(乾) 5g
適量
片栗粉 適量
適量
煮汁
だし 500ml
みりん 大さじ2
薄口しょうゆ 大さじ2

 

 

鯛と筍のうま煮の作り方

鯛と筍のうま煮1、たい(皮つき 1/4尾(150g))は5〜7mm厚さのそぎ切りにし、薄く塩(適量)をふり、片栗粉(適量)をまぶす。

※たいは塩をふり、片栗粉をまぶす。

 

-

鯛と筍のうま煮2、たけのこの下の部分は7mm厚さの半月切りにし、上は8等分のくし形に切り、青ねぎ(1本)は斜め細切りにする。

 

-

鯛と筍のうま煮3、フライパンに油(適量)少量を熱し、桜えび(乾 5g)を中火で炒め、たけのこを加えて焼き色をつける。

※桜えびを炒めて風味をつける。

-

鯛と筍のうま煮煮汁のだし(500ml)、みりん(大2)、薄口しょうゆ(大2)を加えて沸騰させ、中火で5分煮る。

 

-

鯛と筍のうま煮4、(3)にたいを加え、火が通ったら器に盛り、青ねぎをのせる。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

鯛の人気レシピ

第1位

鯛のポワレ レモンバターソース

鯛のポワレ レモンバターソース

フライパンでオイルを回しかけながら焼いていく「アロゼ」という手法を使います。 皮はパリッと、身はふわっと仕上がります。 ソースはレモンでさっぱりと。

第2位

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ!

鯛を丸ごと入れると、お米の循環を妨げて美味しく炊けません。 鯛の旨味をめっぱい引き出して、家庭でも簡単に出来る、失敗しない美味しい鯛飯レシピのコツをご紹介~!

第3位

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

簡単なのに絶品♪白身魚deアクアパッツァ

イタリア風魚の煮物です。簡単に作れるのに魚の骨やあさりからいいお出汁が出て最高に美味しく魚が食べられます。見栄えもするのでおもてなしにも♪

第4位

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

基本!本格!おもてなし料理和食♪祝い鯛♪鯛の姿焼き

しっぽがピンとあがっって、身がうねった料亭風の鯛の塩焼き。アジの塩焼きと同じ基本で焼いていきます。オーブンで焼くと一度に沢山、しかも綺麗にほっといても焼けます。

このページの先頭へ