揚げ鶏のもずく南蛮

スポンサーリンク

揚げ鶏のもずく南蛮

揚げ鶏のもずく南蛮

料理名 揚げ鶏のもずく南蛮
番組名 おかずのクッキング
料理人 松見早枝子
放送局 テレビ朝日
放送日 2015年12月19日(土)

 

南国食材で冬を乗り切る!

おかずのクッキングでは、元ミス・インターナショナル日本代表グランプリの松見早枝子さんが、鶏のから揚げともずくを合わせた「揚げ鶏のもずく南蛮」の作り方を紹介。南蛮だれには食物繊維たっぷりのもずくと、シークワーサーを合わせたひと味違う南蛮ダレに仕上げます。シークワーサーのキリリとした酸味で鶏からをさっぱりといただける一品。生もずくは、味がついていないものを選びましょう。酢のものだけでなく、汁ものやあんかけ代わりに使うのもおすすめ。

スポンサーリンク

揚げ鶏のもずく南蛮の材料(2人分)

 

鶏もも肉 1枚
塩、こしょう 各少々
片栗粉 適量
揚げ油 適量
(もずく南蛮だれ)
生もずく(味なし) 25g
大さじ2
シークワーサーの絞り汁 小さじ2
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
赤唐辛子(小口切り・種は除く) 約1本分

 

 

揚げ鶏のもずく南蛮の作り方

揚げ鶏のもずく南蛮1.鶏もも肉(1枚)は一口大に切り、塩、こしょう(各少々)をふり、片栗粉(適量)をまぶして180℃の揚げ油(適量)で5分ほど揚げる。

※片栗粉を使うことで衣をはがれにくくする

-

2.生もずく(味なし 25g)はさっと洗って水気を絞り、細かく刻む。ボウルにもずく南蛮だれの酢(大2)、シークワーサーの絞り汁(小2)、醤油(大1)、砂糖(大1/2)、赤唐辛子(小口切り・種は除く 約1本分)を合わせる。

※細かく刻んだもずくでたれを絡みやすくする

※食物繊維たっぷりのもずくで、ひと味違う南蛮だれに!

※シークワーサーには疲労回復に効果があるといわれるクエン酸や風邪の予防にもなるビタミンCなどが豊富

-

揚げ鶏のもずく南蛮3.1の鶏肉を2に漬け30分以上おき、味をなじませる。

※シークワーサーの酸味で揚げものを食べやすく!

-

揚げ鶏のもずく南蛮4.器に盛り、揚げ鶏のもずく南蛮の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ