鶏鍋のみぞれ仕立て

鶏鍋のみぞれ仕立て

料理名 鶏鍋のみぞれ仕立て
番組名 NHKきょうの料理
料理人 田村隆
放送局 NHK
放送日 2019年3月26日(火)

コメント

つくろう!にっぽんの味47シリーズから今回は東京都。ここでは、「鶏鍋のみぞれ仕立て」の作り方になります。ふくよかな大根は、すりおろした汁も甘くておいしい!ギュッと絞った汁でだしをつくって鶏肉を煮る、シンプルでぜいたくな鍋物です。大根おろしに再び汁を吸わせて、フワフワのみぞれ仕立てに。

鶏鍋のみぞれ仕立ての材料(3~4人分)

鶏もも肉・鶏むね肉(合わせて) 300~350g
大根 1.5~2kg(正味1.2~1.5kg)
ルッコラ 50g
昆布 10g
削り節 30g
A
みりん・うす口しょうゆ 各大さじ2

鶏鍋のみぞれ仕立ての作り方

1.大根(1.5~2kg(正味1.2~1.5kg))は皮をむいてすりおろし、さらしの布巾で包んで汁をしっかりと絞ります。汁に昆布(10g)を加えて10~20分間おきます。

2.鶏もも肉・鶏むね肉(合わせて 300~350g)は厚みを開いて均一にし、一口大のそぎ切りにします。

ルッコラ(50g)はザク切りにします。

3.1の汁を中火にかけ、フツフツとしてきたら削り節(30g)を加えます。

沸騰してアクが出たら、少し火を弱めてすくい取り、再び沸いたらもう一度アクを取って布巾でこします。

4.3の汁が足りなければ水を足してカップ3と1/2にし、土鍋に移してAのみりん・うす口しょうゆ(各大さじ2)と鶏肉を加え、強火にかけます。

沸騰したら、やや火に弱めて肉に火を通し、大根おろしを加え、仕上げにルッコラを加えます。

このページの先頭へ