とうがんと鶏ひき肉の煮物

とうがんと鶏ひき肉の煮物

料理名 とうがんと鶏ひき肉の煮物
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2018年8月16日(木)

 

コメント

うまみたっぷりの手作り「めんつゆ」と「うどんだし」で夏野菜をおいしく食べる方法を大原千鶴さんが伝授。ここでは、「うどんだし」を使った「とうがんと鶏ひき肉の煮物」の作り方になります。淡白なとうがんが、焼きつけた鶏ひきとうどんだしのうまみを吸って、口の中でふんわり、ほどけます。

とうがんと鶏ひき肉の煮物の材料(2~3人分)

 

とうがん 1/4コ(正味500g)
A
鶏ひき肉(もも) 200g
しょうが(粗みじん切り) 5g
うどんだし カップ1と1/2
みつばの葉 適量

 

 

とうがんと鶏ひき肉の煮物の作り方

1.とうがん(1/4コ(正味500g))は半分に切ってから3cm幅に切り、皮とワタを除いて4等分に切ります。

 

 

 

2.鍋または表面加工のしてあるフライパンにAの鶏ひき肉(もも 200g)・しょうが(粗みじん切り 5g)を入れて練り混ぜ、平たく広げてから中火にかけます。

下が焼けてきたら、すぐにへらで食べやすい大きさに割って上下を返します。

 

 

 

3.とうがんとうどんだし(カップ1と1/2)を加え、ふたをします。

沸いたら少し火を弱めて20分間煮ます。

「うどんだし」=>レシピはこちら

 

4.器に盛り、みつばの葉(適量)をあしらいます。

このページの先頭へ