鶏肉と夏野菜の南蛮漬け

鶏肉と夏野菜の南蛮漬け

料理名 鶏肉と夏野菜の南蛮漬け
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 藤野嘉子
放送局 NHK
放送日 2018年8月7日(火)

 

コメント

甘さと辛さのバランスがよく、だしの風味が効いためんつゆを使った2品。ここでは、「鶏肉と夏野菜の南蛮漬け」の作り方になります。こんがり焼いた鶏スペアリブと野菜をめんつゆベースの南蛮液につけ、よーく味をしみ込ませます。切り身魚や好みの野菜でも応用できます。

鶏肉と夏野菜の南蛮漬けの材料(2人分)

 

鶏スペアリブ 12本(220g)
なす 2コ(160g)
ししとうがらし 10本
A
めんつゆ(市販/ストレートタイプ) カップ1/4
レモン汁 大さじ1
赤とうがらし(種を除く) 1/2本
[常備品]サラダ油

 

 

鶏肉と夏野菜の南蛮漬けの作り方

1.バットにAのめんつゆ(市販/ストレートタイプ カップ1/4)・レモン汁(大さじ1)・赤とうがらし(種を除く 1/2本)を入れ、混ぜておきます。

なす(2コ(160g))はヘタを切り落とし、ピーラーで皮を縦にしまむきにし、乱切りにします。

水に2分間ほどつけ、アクを抜く。

 

 

2.フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、鶏スペアリブ(12本(220g))を皮を下にして並べます。

あいているところに、なすとししとうがらしも加えます。

時々菜箸で転がしながら、全体に焼き色をつけ、鶏スペアリブに火を通します。

 

 

 

3.焼けたものからすぐに1のバットに入れ、粗熱が取れるまでつけます。

このページの先頭へ