よだれ鶏

よだれ鶏

よだれ鶏

料理名 よだれ鶏
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 小林 まさみ
放送局 日本テレビ
放送日 2014年8月8日(金)

 

薬味の効いた四川料理、よだれ鶏

薬味の効いた四川料理、よだれ鶏。四川料理の名菜「口水鶏(コウシェイヂィ)」。よだれが出るほど美味しいのがその名の由来だそうです。鶏胸肉を使い、しっとりとゆで鶏に仕上げていきます。

よだれ鶏の材料(4人分)

 

鶏胸肉 2枚(500g)
小さじ1
6カップ
鶏ガラスープの素 大さじ1
長ねぎ(青い部分) 6~8cm
しょうがの薄切り 2枚
にんにく 2かけ
ごま油 大さじ2
フライドオニオン 1/2袋(6g)
▼ピリ辛だれ
おろししょうが 小さじ1
砂糖 小さじ2
しょうゆ 小さじ2
黒酢 小さじ2
すり白ごま 小さじ1
粉山椒 少々
少々
ラー油 大さじ1/2

 

きゅうり 1本
香菜 適量

 

 

よだれ鶏の作り方

よだれ鶏

1、鶏胸肉(2枚(500g))は水気をふき、塩(小1)を両面にふってすり込み、室温に20分ほどおく。

※鶏肉に塩をもみこみ20分室温におく作業は、味付けと同時に鶏肉を常温に戻すという大切な工程です。

 

2、鍋(直径22cm)に分量の水(6カップ)、鶏ガラスープの素(大1)、長ねぎ(青い部分 6~8cm)、しょうがの薄切り(2枚)を入れて混ぜ、(1)の鶏肉を皮目を下にして入れ、強火にかける。ひと煮立ちしたら火を止め、ふたをして4分おき、鶏肉を返してさらに4分おいて余熱で火を通す(肉の厚い部分に竹串を刺して、澄んだ肉汁が出てくれば火が通っている)。

※さらに、鍋の大きさ、水の量、鶏肉のサイズ(一枚あたりのg)をしっかり守ると上手にゆであがります。

 

3、バットに鶏肉をとり出し、粗熱がとれたらラップをかけ、冷蔵庫に2時間以上入れて冷やす。

 

4、きゅうり(1本)はピーラーで薄く長く切り、氷水に5分ほどつけてシャキッとさせ、水気をきる。香菜(適量)はざく切りにする。

よだれ鶏

5、にんにく(2かけ)は薄切りにして芽を除く。フライパンにごま油(大2)とにんにくを入れて弱火にかけ、ときどき混ぜながら炒める。にんにくがきつね色になったらペーパータオルの上にとり出し(にんにくチップ)、ごま油もとっておく。

 

6、ボウルにピリ辛だれの材料

  • おろししょうが 小さじ1
  • 砂糖 小さじ2
  • しょうゆ 小さじ2
  • 黒酢 小さじ2
  • すり白ごま 小さじ1
  • 粉山椒 少々
  • 塩 少々
  • ラー油 大さじ1/2

を合わせて混ぜ、(5)のごま油を加えて混ぜる。さらに鶏肉にかける直前に、5の粗く砕いたにんにくチップとフライドオニオン(1/2袋(6g))を加えて混ぜる。

 

7、(3)の鶏肉を薄いそぎ切りにして器に盛り、(6)をかけ、きゅうりと香菜を盛り合わせる。

よだれ鶏

よだれ鶏

8、たれをかけてよだれ鶏の完成です。

このページの先頭へ