酸辣湯麺(サンラータンメン)

酸辣湯麺(サンラータンメン)

料理名 酸辣湯麺(サンラータンメン)
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2019年6月29日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは、土井善晴さんが「ズッキーニの煮つけ」の料理を紹介。ひき肉とザーサイで味づくりをしたスープに溶き卵を加え、麺にかけていただきます。酸味と辛みが食欲をそそります。

酸辣湯麺(サンラータンメン)の材料(2人分)

 

中華麺 2玉
豚ひき肉 100g
ザーサイ 50g
きくらげ(乾物) 3~4枚
長ねぎ 1/2本
2個
にんにく 1片
醤油 大さじ2
大さじ4
豆板醤 小さじ1
砂糖 小さじ1
片栗粉 大さじ1/2(大さじ1の水で溶く)
ごま油 大さじ1
植物油 大さじ2
こしょう 少々
3カップ

 

 

酸辣湯麺(サンラータンメン)の作り方

1.ザーサイ(50g)は千六本に切り、水に5分ほど浸してざるに上げます。

きくらげ(乾物 3~4枚)は水で戻して短冊切りに、長ねぎ(1/2本)は小口切りにします。

にんにく(1片)は叩いてみじん切りにします。

卵(2個)は溶きます。

 

 

 

2.中華鍋に植物油(大2)、ザーサイ、にんにくを入れて熱します。

香りが出たら、豚ひき肉(100g)を炒め、きくらげを入れてさらに炒りつけ、豆板醤(小1)を加えて炒め合わせます。

鍋肌から醤油大さじ1を入れ、分量の水(3カップ)を加えます。

煮立ったら、砂糖(小1)、酢(大4)、こしょう(少々)、片栗粉(大1/2)を大1の水で溶いた水溶き片栗粉、長ねぎを加えます。

 

 

 

3.再び煮立ったら、味をみて醤油大さじ1を入れ、溶き卵を少しずつ回し入れ、最後にごま油(大1)を回しかけます。

器にゆでた中華麺(2玉)を盛り、スープをかけます。

このページの先頭へ