ブリの手巻き寿司

ブリの手巻き寿司

料理名 ブリの手巻き寿司
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2019年2月23日(土)

 

コメント

おかずのクッキングでは、土井善晴さんが「ブリの手巻き寿司」の作り方を紹介しました。すし飯は、炊きたてのご飯にすし酢を混ぜるだけ。あぶったのりやえごまの葉で巻いて、一口でいただきます。ワンプレートにまとめました。

ブリの手巻き寿司の材料(2~3人分)

 

炊きたてのご飯 400g(米1カップ分)
すし酢
米酢 1/4カップ
砂糖 大さじ1
小さじ1
ブリ(刺身用さく) 2~3人分(150~200g)
長ねぎ 1/2本
しょうが 30g
のり 3~4枚
えごまの葉(サラダ菜、サンチュでも) 適量
ごま油 適量
醤油、わさび 各適量

 

 

ブリの手巻き寿司の作り方

1.長ねぎ(1/2本)は白髪ねぎに、しょうが(30g)はせん切りにします。

のり(3~4枚)はあぶって6等分に切ります。

ブリ(刺身用さく 2~3人分(150~200g))は細切りにして、包丁で粗く叩きます。

 

 

2.すし酢の米酢(1/4カップ)・砂糖(大さじ1)・塩(小さじ1)をよく混ぜておきます。

炊きたてのご飯 400g(米1カップ分)が炊きあがったら、すし酢をかけて混ぜます。

 

 

 

3.銘々のお皿に2のすし飯、ブリのたたき、のり、白髪ねぎ、せん切りしょうが、えごまの葉(サラダ菜、サンチュでも 適量)を盛ります。

のりやえごまの葉で好みに巻いて、ごま油(適量)を混ぜた醤油、わさび(各適量)をつけていただきます。

寿司の人気レシピ

第1位

簡単★我が家のいなり寿司♪

簡単★我が家のいなり寿司♪

簡単で、お財布にも優しい(笑) 「簡単♪酢飯★(レシピID1760004378)」も、ぜひご覧ください!

第2位

ふっくら柔らかな煮穴子とアレンジレシピ付き

ふっくら柔らかな煮穴子とアレンジレシピ付き

ふっくら柔らかな煮穴子を作ってみませんか!感動ものの美味しさです。

第3位

キンパ(キムパブ) 韓国風海苔巻

キンパ(キムパブ) 韓国風海苔巻

韓国でよく食べられている海苔巻、キンパです。 オーソドックスな具材で巻き上げました。

第4位

ジューシーで甘めおいなりさん☆管理栄養士☆

ジューシーで甘めおいなりさん☆管理栄養士☆

たまに食べたくなる、どこか懐かしい甘めのおいなりさんです♪出来立てを食べても、時間が経っても美味しく食べられます(^o^)ぜひ、お揚げから挑戦してみてくださいね

このページの先頭へ