とうもろこし豆腐

スポンサーリンク

とうもろこし豆腐

とうもろこし豆腐

料理名 とうもろこし豆腐
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原 千鶴
放送局 NHK
放送日 2015年7月15日(水)

 

とうもろこしをつるんと

【大原千鶴の野菜を味わう京ごはん】ということで、大原千鶴さんが、「とうもろこし豆腐」を作っていました。つるんとしたのどごしで、とうもろこしの甘みをいただきます。濾したとうもろこしの繊維は、お焼きにして無駄なくいただけます。

スポンサーリンク

とうもろこし豆腐の材料(2人分)

 

とうもろこし(ゆでたもの) 1本分(正味200g)
わさび(すりおろす) 適量
水溶きくず粉
くず粉 30g
カップ1/4

 

 

とうもろこし豆腐の作り方

 

≪下ごしらえ≫
●とうもろこしを茹でて加熱

とうもろこしと牛肉の甘辛焼き1.とうもろこしは皮をむいて鍋に入れ、かぶるくらいの水を注ぐ。むいた皮とひげをのせて、中火にかける。

※皮とひげも一緒に水からゆでると、香りと甘みが引き立ちます。

-

2.沸騰したら火を弱めて約10分間ゆで、ざるに上げて冷ます。

※電子レンジ・ゆでた場合共通で、1本ずつラップをして冷蔵庫で2日間保存可能。冷凍の場合は、実を外してジッパー付き保存袋に入れ、約1か月間保存可能。

※とうもろこしを手に入れたら、できるだけ早くゆでる

-
豆腐をつくる

 

とうもろこし豆腐1.とうもろこし(ゆでたもの 1本分(正味200g))は包丁で実だけを削るように外し、水(カップ1)とともにミキサーに入れて滑らかになるまでかくはんする。こし器でこして鍋に入れる。

-

2.くず粉(30g)と水(カップ1/4)を混ぜ合わせた水溶きくず粉を1の鍋に加え、中火にかけて、へらで練り混ぜる。

クリーム状になってから5分間、へらで練りながら水分をとばす。

-

とうもろこし豆腐3.2を四角い型やプリン型などに入れ、型ごと水につけて約15分間冷やし固める。

-

とうもろこし豆腐4.切り分けて器に盛り、わさび(すりおろす 適量)を添えてしょうゆ(適量)をたらして、とうもろこし豆腐の完成。

≪おまけのお焼きのレシピ≫

とうもろこし豆腐

1でこし器に残ったとうもろこしの繊維(約80g)はかたくり粉(大1)、塩(小1/4)とボウルで混ぜ合わせる。

フライパンで両面を焼けつけ、おやきにする。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

とうもろこしの人気レシピ

第1位

美味しいトウモロコシの茹で方*電子レンジ*

美味しいトウモロコシの茹で方*電子レンジ*

トウモロコシって茹ですぎると旨みが逃げてしまうので レンジで調理が一番美味しい♪ 家で採れたトウモロコシです★

第2位

バター香る〜♪ほうれん草とコーンのソテー☆

バター香る〜♪ほうれん草とコーンのソテー☆

いつものほうれん草ソテーにコーンの甘さが加わって美味しいです! 色どりも良いのでお弁当におすすめです!

第3位

コーンクリーム缶を使った超簡単『コーンスープ』

コーンクリーム缶を使った超簡単『コーンスープ』

とにかく簡単で手早くできます。 何か作っている間に仕上がります。

第4位

焦がし醤油のバターコーン

焦がし醤油のバターコーン

ひと手間でぐっと食べやすくなりました!おやつにいいかも♪

このページの先頭へ