最新レシピをお知らせします

最新レシピをメールでお知らせいたします。

※ご登録後、自動返信メールが送信されますので、認証してください

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

牡蛎とゴボウの炊き込みご飯

牡蛎とゴボウの炊き込みご飯

 

料理名 牡蛎とゴボウの炊き込みご飯
番組名 どさんこワイド179
コーナー 奥様ここでもう一品
料理人 星澤幸子
放送局 札幌テレビ
放送日 2020年10月22日(木)

 

コメント

「土鍋活用レシピ」というテーマで料理を紹介。ここでは、「牡蛎とゴボウの炊き込みご飯」の作り方になります。ゴボウが入ったカキご飯を土鍋で作ります。カキの火の通し方が大事です。身をやせさせない様に料理するのがコツで、火を通す時間と、火を止めて味を染ませる時間を使い分けて作りましょう。具材に火が通り過ぎない様にするのもコツですね。

牡蛎とゴボウの炊き込みご飯の材料(4人分)

 

2合
カキの煮汁と米の浸し水 2合
カキむき身 150g
適量
ゴボウ 1本
ニンジン 50g
ショウガ 1片
大さじ1杯
大さじ3杯
青のり 少々
調味料
しょうゆ 大さじ3杯
酒・てんさい糖・みりん 各大さじ1杯

 

 

牡蛎とゴボウの炊き込みご飯の作り方

1、米(2合)は炊く30分前にといで水に浸しておきます。

 

2、カキむき身(150g)は塩でもみ洗いし、水ですすいで水切りします。

ゴボウ(1本)は皮をこすり洗いして、ささがきし何度も水を取り替えてあく抜きします。

ニンジン(50g)、ショウガ(1片)は千切りにします。

 

3、土鍋に油(大1杯)を入れて熱し、ゴボウをゆっくり炒めます。

ニンジン、ショウガ、調味料のしょうゆ(大さじ3杯)・酒・てんさい糖・みりん(各大さじ1杯)と水(大3杯)を入れて5分程煮てから、カキを入れて3分ほど煮ます。

そのまま冷まして味を染ませ、カキと煮汁をそれぞれ別に取り出します。

カキの煮汁と米の浸し水を合わせて2合にします。

 

4、土鍋に残った具に米と2合にした煮汁を加えて沸騰させ、水気が無くなったら蓋をして極弱い火で20分炊きます。

5、火を止めてカキをのせて10分程蒸らしてへら返しします。お好みで青のり(少々)をあしらいます。

炊き込みご飯の人気レシピ

第1位

とうもろこしの炊き込みご飯

とうもろこしの炊き込みご飯

とうもろこしには、夏バテ、肩こり予防、冷え症改善になるというビタミンB1、ビタミンE、食物繊維 ・・・

第2位

沖縄の炊き込みご飯ジューシー

沖縄の炊き込みご飯ジューシー

暑い夏でもあっさり食べられる!沖縄ランチの定番メニューということで、今日の男子ごはんでは、「ジ ・・・

第3位

エリンギとあなごの炊き込みご飯

エリンギとあなごの炊き込みご飯

大きめに切ったエリンギの食感とあなごを一緒に炊き込んだ「エリンギとあなごの炊き込みご飯」の作り ・・・

第4位

小芋の炊き込みご飯

小芋の炊き込みご飯

ねっとりとした小芋、香ばしい醤油の香りは新米で作りたいごちそうです。

その他の炊き込みご飯のレシピはこちら => 炊き込みご飯のレシピ

牡蛎とゴボウの炊き込みご飯

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ