豆腐の卵とろみ汁

豆腐の卵とろみ汁

料理名 豆腐の卵とろみ汁
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2019年4月17日(水)

 

コメント

大原千鶴さんが遅い帰宅でも「ついで仕込み」でラクラクごはんを紹介。ここでは、「豆腐の卵とろみ汁」の作り方になります。一汁に不可欠なだしは常備の便利な「水だし」を使って簡単手早く。薬味も省かず添えて、クイック料理こそ豊かな味に仕上げます。「水だし」は沸かさずに冷水ポットに入れるだけ。冷蔵庫で3日間保存可能です。

豆腐の卵とろみ汁の材料(2人分)

 

絹ごし豆腐 1/2丁(200g)
水だし カップ2
1コ
青ねぎ(小口切り)・しょうが 各少々
●うす口しょうゆ・塩
水だし
2リットル
削り節 5g
煮干し 5g
昆布 5g

 

 

豆腐の卵とろみ汁の作り方

●下準備「水だし」をつくる

削り節(5g)と煮干し(5g)をだしパックに入れ、冷水ポットに昆布(5g)と合わせて入れ、水(2リットル)を注いで3時間以上置きます。(冷蔵庫で3日間保存可能)。

1.鍋に水だし(カップ2)を入れて沸かし、うす口しょうゆ小さじ1、塩小さじ1/4で味を調えます。絹ごし豆腐(1/2丁(200g))をスプーンで大きくすくって入れ、2~3分間弱火で煮ます。

 

 

 

2.卵(1コ)を溶きほぐします。

豆腐が温まってフツフツと沸いているところに回し入れ、卵がふんわりとしたら火を止めます。

 

 

 

3.器に盛り、青ねぎ(小口切り少々)・しょうが(少々)をすりおろしてそれぞれ天盛りにします。

このページの先頭へ