発酵たまねぎ

発酵たまねぎ

料理名 発酵たまねぎ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 濱田美里
放送局 NHK
放送日 2019年5月21日(火)

 

コメント

今話題の「発酵たまねぎ」の作り方になります。生のたまねぎより辛みがマイルドでうまみや甘みがたっぷり。熱湯消毒などの下準備が不要なジッパー付き保存袋でつくるのが手軽な方法。でき上がってから使いやすいサイズの清潔な容器に移しましょう。

発酵たまねぎの材料(つくりやすい分量)

 

たまねぎ 400g(正味)
12g(たまねぎの重さの3%)
カップ1/2

 

 

発酵たまねぎの作り方

1.たまねぎ(400g(正味))はみじん切りにし、ジッパー付き保存袋に入れます。

塩(12g(たまねぎの重さの3%))を加え、外側からもんでまぶします。

 

 

 

2.水(カップ1/2)を加えて全体に塩を回し、空気を抜いて袋の口を閉じます。

 

 

3.バットなどにのせ、日の当たらない涼しい場所におきます。

春から夏なら1~3日間、寒い時季は、6日間ほど発酵させます。

 

 

4.汁が白く濁ってきたら味をみて、辛みがなくなり酸味が出ていれば、発酵した合図。清潔な容器に移し、冷蔵庫で保存します(出来上がりの量は、カップ2と1/2~3が目安)。

●たまねぎが汁に使っている状態を保ち、冷蔵庫で約2週間保存可能

このページの先頭へ