これが本物!油淋鶏(ユーリンチー)

これが本物!油淋鶏(ユーリンチー)

料理名 これが本物!油淋鶏(ユーリンチー)
番組名 NHKあさイチ
コーナー ハレトケキッチン
料理人 山野辺仁
放送局 NHK
放送日 2018年9月11日(火)

 

コメント

今回はゲストの渡辺直美さんが大好きだという「から揚げ」を使った絶品レシピを紹介。ここでは、中国料理・山野辺仁さんによる「ハレの日」の料理「これが本物!油淋鶏(ユーリンチー)」の作り方になります。

これが本物!油淋鶏(ユーリンチー)の材料(2人分)

 

鶏もも肉(骨付き) 4本
3リットル
60g
砂糖 60g
ねぎの青い部分 1/2本分
しょうが(薄切り) 1かけ分
にんにく(薄切り) 1かけ分
八角 5コ
シナモンスティック 1本
陳皮 10g
ホワジャオ(粒) 大さじ1
ローリエ 6枚
水あめ 35g
35g
米酢 小さじ2
揚げ油 適量
ソース直美スペシャル
マヨネーズ 70g
練乳 30g
ジン 10g
ライムの絞り汁 10g
塩・こしょう 各適量

 

 

これが本物!油淋鶏(ユーリンチー)の作り方

1、鶏もも肉(骨付き 4本)は、たっぷりの熱湯をかけ、流水で洗い、汚れを取ります。

 

2、骨と肉の間に包丁で切れ目を入れ、常温に戻しておきます。

 

3、だしパックに、ねぎの青い部分(1/2本分)・しょうが(薄切り 1かけ分)・にんにく(薄切り 1かけ分)・八角(5コ)・シナモンスティック(1本)・陳皮(10g)・ホワジャオ(粒 大1)・ローリエ(6枚)を包みます。

 

4、鍋に水(3リットル)を沸かし、砂糖(60g)と塩(各60g)、(3)の香辛料を入れ、弱火で10分ほど煮ます。

 

5、(4)の火を止め、人肌程度に冷めたら、(2)の肉を入れます。

粗熱が取れたら、このまま冷蔵庫で一晩置きます。

 

6、2日目。小鍋に、水あめ(35g)・水(35g)を入れ、温めて水あめを煮溶かします。

火からおろし、米酢(小2)を加えて混ぜます。

 

7、1日目につけた鶏もも肉を取り出し、皮目に(1)の水あめ液をぬり、冷蔵庫で一晩置きます。

※ラップフィルムはかけない。

 

8、3日目。2日目に水あめ液を塗った鶏もも肉に、扇風機で6時間ほど風をあて、表面を乾かします。

9、(1)の鶏もも肉をザルの上に並べます。

 

10、揚げ油(適量)を120度から130度に熱します。

 

11、(2)の肉に、油を5分ほど回しかけながら、火を通します。

さらに、揚げ油を180度に熱して5分ほど回しかけ、皮目をパリパリにします。

オーブンの場合は、皮目にハケで油を塗り、250度に予熱して13分焼きます。

その後、もう一度油を塗り、250度で5分焼きます。

●ソース直美スペシャルのマヨネーズ(70g)・練乳(30g)・ジン(10g)・ライムの絞り汁(10g)・塩・こしょう(各適量)を混ぜ合わせます。

 

 

油淋鶏の人気レシピ

第1位

焼き揚げで作る油淋鶏(ユーリンチー)

焼き揚げで作る油淋鶏(ユーリンチー)

皮をパリッとさせてたっぷりのネギソースで。見栄えもするのでおもてなしや酒の肴にもピッタリです。

第2位

【油淋鶏】ネギダレが最高♪

【油淋鶏】ネギダレが最高♪

胸肉でも柔らかジューシー!絶品な油淋鶏です♪

第3位

むね肉の油淋鶏〜サクサクきゅうりだれ〜

むね肉の油淋鶏〜サクサクきゅうりだれ〜

むね肉の唐揚げにサクサク食感のきゅうりだれがおいしい! さっぱりしてて夏に食べたい油淋鶏です。

第4位

簡単ぱりぱり★本格油淋鶏(ユー リン チー)

簡単ぱりぱり★本格油淋鶏(ユー リン チー)

外はカリカリ★中はジューシー★タレも旨い★本格的だけど家にあるもので簡単に作れる★

このページの先頭へ