最新レシピをお知らせします

最新レシピをメールでお知らせいたします。

※ご登録後、自動返信メールが送信されますので、認証してください

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

フランス・ブルターニュのクイニーアマン

フランス・ブルターニュのクイニーアマン

 

料理名 フランス・ブルターニュのクイニーアマン
番組名 グレーテルのかまど
料理人 瀬戸康史
放送局 NHK
放送日 2020年10月5日(月)

 

コメント

グレーテルのかまどでは、瀬戸康史さんが「フランス・ブルターニュのクイニーアマン」の作り方を紹介。日本でも人気のクイニーアマン。フランス・ブルターニュ地方生まれの、バターと砂糖をふんだんに使用したお菓子です。外はカリッ、口に含めばバターの風味が口いっぱいに広がります。今回は、本場で売られている大きなクイニーアマンを紹介します。

フランス・ブルターニュのクイニーアマンの材料(21cmの型 1台)

 

準強力粉 200g
4g
グラニュー糖 6g
インスタントドライイースト 2g
120ml
有塩バター 6g
有塩バター 140g
打ち粉(強力粉) 適量
グラニュー糖 適量

 

 

フランス・ブルターニュのクイニーアマンの作り方

●下準備

※粉をふるっておく

※オーブンを200℃に温めておく

生地を作る

1、ふるった準強力粉(200g)、塩(4g)、グラニュー糖(6g)をボウルに入れて、混ぜ合わせます。

※フランスパン用の小麦粉がおすすめ

2、水(120ml)とインスタントドライイースト(2g)を混ぜ合わせ、ステップ1に混ぜます。

さらに、溶かした有塩バター(6g)を加え、生地を練ります。

3、ひとまとまりになったら、生地をたたきつけるようにこねます。生地がつながったら、常温で1時間発酵させます。1時間後、生地を丸め直し、ビニールに包んで冷蔵庫で15時間休ませます。

4、冷たいバターをオーブンペーパーに挟んで麺棒でたたき、薄い四角にのばします。(13×13㎝3mm厚)

5、冷蔵庫から生地を取り出し、四角にのばします。(16×16㎝)生地の中央に45度ずらして有塩バター(140g)を置きます。

生地で四方から包んでしっかり閉じます。

※バターが温まると生地となじんで層にならないため、手早く行う

6、めん棒で生地をたてにのばし、3つ折りにします。

生地を90度回転させてのばし、さらに三つ折りを行います。打ち粉は強力粉(適量)を使用します。

7、生地が乾燥しないようにビニールで包み、冷凍庫で30分冷やします。

8、グラニュー糖(適量)を打ち粉に使い、生地をのばして3つ折りにします。

折るときにもグラニュー糖をしっかりまぶします。

9、形を丸く整え、オーブンペーパーを敷いた型に入れます。

10、生地の表面に、ペティナイフでひし形に切り込みをいれます(深さは3mmほど)

11、表面に、はけで牛乳(分量外)をぬります。

12、200℃のオーブンで約40分焼きます。

焼けたら型から出して粗熱をとります。

 

 

フランス・ブルターニュのクイニーアマン

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

アレルギー食材除外レシピ

このページの先頭へ