アイルランドのハロウィーン

アイルランドのハロウィーン

料理名 アイルランドのハロウィーン
番組名 グレーテルのかまど
料理人 瀬戸康史
放送局 NHK
放送日 2021年10月18日(月)

 

コメント

グレーテルのかまどでは、瀬戸康史さんが「アイルランドのハロウィーン」の作り方を紹介。ハロウィーンの頃帰ってくるあの人にささげる、アイルランドのバーンブラック。レーズンとスパイスが作る芳醇な味わいを楽しんでください。

アイルランドのハロウィーンの材料(直径18㎝ 1台分)

 

フルーツの紅茶漬け
サルタナレーズン 100g
オレンジピール 25g
紅茶 100ml(通常より濃い)
ウイスキー 15ml(大さじ1)
生地
強力粉 200g
きび糖 16g
4g
脱脂粉乳 8g
シナモンパウダー 1.5g
クローブパウダー 0.2g
ナツメグパウダー 0.2g
オールスパイスパウダー 0.2g
ジンジャーパウダー 0.2g
ショートニング 10g
バター 15g
インスタント・ドライ・イースト 5g
140mL
ショートニング(バター、サラダ油でも可) 適量
塗り卵 適量

 

 

アイルランドのハロウィーンの作り方

●下準備

※オレンジピール(25g)を5㎜角に切っておく
※強力粉(200g)をふるっておく
※バター(15g)とショートニング(10g)を常温にもどしておく
※ステップ13のボウル、プレート、セルクル型の内側にうすく油脂をぬっておく
※オーブンを30℃(発酵機能)に温めておく
※ステップ19では35℃にしてください
※指輪を洗い、アルミ箔で包んでおく

フルーツの紅茶漬けを作る

1、沸騰したお湯にサルタナレーズン(100g)を入れ、湯通しし、水けをよく切ります。

2、熱い紅茶(100ml(通常より濃い))を注ぎ、オレンジピールとウイスキー(15ml(大1))を加えてよく混ぜ、表面にラップを密着させます。

3、粗熱が取れたら冷蔵庫で一晩置きます。

4、使用する一時間前に常温に出し、水けをきっておきます。

生地を作る

5、ボウルにふるっておいた強力粉(200g)、きび糖(16g)、塩(4g)、脱脂粉乳(8g)、シナモンパウダー(1.5g)、クローブパウダー(0.2g)、ナツメグパウダー(0.2g)、オールスパイスパウダー(0.2g)、ジンジャーパウダー(0.2g)を入れ、泡だて器でよく混ぜ合わせます。

6、ぬるま湯(35℃)で溶いたンスタント・ドライ・イースト (5g)を加え、混ぜます。

7、粉けがなくなったら、台にこすりつけながらこねます。(約3分)

8、生 地をまとめ、台に叩きつけます。(約5分)

9、常温にもどしたバター(15g)とショートニング(10g)を加え、台にこすりつけながらこねます。(約3分)

10、生地をまとめ、台に叩きつけます。(約5分)

11、生地が乾燥しないようにビニールに包むか、ラップをゆるくかぶせ、5分間休ませます。

12、平らにした生地に4のフルーツの紅茶漬けをのせ、カードで切るように混ぜ合わせます。

13、ボウルに入れ、30℃で60分発酵させます。(約2倍の大きさになるまで)

14、打ち粉をした台に出し、叩いてガス抜きします。

15、3つ折りにして生地をまとめ、30℃で30分発酵させます。

16、もう一度ガスを抜き、丸めます。

17、30℃で15分間休ませます。

18、再度ガスを抜き、4つ折りにして丸め直し、アルミ箔で包んだ指輪を中に入れこみます。

19、プレートにのせたセルクル型の中に生地を置き、35℃で約40分発酵させます。

20、表面に卵(適量)をぬり、190℃のオーブンで約30分焼きます。冷めた頃が食べごろです。お好みでバターを付けてお召し上がりください。

番組で紹介された他のレシピ

食材からレシピを検索

料理ジャンル別レシピ

ページの先頭へ