ごぼうとさんまのつくね揚げ

ごぼうとさんまのつくね揚げ

 

料理名 ごぼうとさんまのつくね揚げ
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 藤井 恵
放送局 日本テレビ
放送日 2019年10月4日(金)

 

コメント

「ごぼうとさんまのつくね揚げ」の作り方のご紹介です。さんまとごぼうは秋の名コンビ!ごぼうは下ゆでをしないので、なるべく薄いささがきにします。

ごぼうとさんまのつくね揚げの材料(4人分)

 

さんま 3尾(450g)
ごぼう 1/2本(100g)
長ねぎ 1/3本(30g)
みそ 大さじ1+1/2
大さじ1
おろししょうが 1かけ分
1個
小麦粉 大さじ2
さつま芋 1本(250g)
すだち 2個
少々
●油

 

 

ごぼうとさんまのつくね揚げの作り方

1、さんま(3尾(450g))は頭を切り落とし、腹側を尻ビレまで切って腹ワタを除き、中骨の血合いの部分をしっかり洗い、水気をふきます。中骨の上に指を滑らせるようにして手開きにし、中骨、尾、背ビレを除き、腹骨をすきとり、1cm幅に切ります。

 

2、ごぼう(1/2本(100g))はタワシでこすって洗い、ささがきにします。

長ねぎ(1/3本(30g))はみじん切りにします。

さつま芋(1本(250g))は皮つきのまま一口大の乱切りにし、水にさらします。

 

3、すり鉢に(1)のさんまを入れ、すりこ木で粘りが出るまですりつぶします。

 

4、みそ(大1+1/2)、酒(大1)、おろししょうが(1かけ分)を順に加え、そのつどすり混ぜます。

卵(1個)を加え、さらにすり混ぜます。

長ねぎ、ごぼう、小麦粉(大2)を加え、ヘラでしっかり混ぜます。

 

5、油を160℃に熱し、(2)のさつま芋の水気をふいて入れ、薄く色づくまで素揚げにして火を通し、熱いうちに塩(少々)をふります。

 

6、油の温度を170℃に上げ、(4)を12等分して軽く握って入れ、6~7分かけて揚げます。

 

7、器に(5)と(6)を盛り合わせ、半分に切ったすだち(2個)を添えます。

 

 

さんまの人気レシピ

第1位

新さんま♪入荷!基本の焼き方(フライパンで)

新さんま♪入荷!基本の焼き方(フライパンで)

Pickupレシピに選ばれたレシピです♪新秋刀魚、入荷しました。フライパンで焼くので、臭いや煙が気になりません。ワタを取らずに、そのまま素材の味を楽しみます。

第2位

ご飯が進みますよ☆ぜっぴん秋刀魚の甘辛揚げ煮

ご飯が進みますよ☆ぜっぴん秋刀魚の甘辛揚げ煮

ほんとにご飯が進みます。いくらでも食べられる勢いのスーパーおかずです。

第3位

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で煮るので、骨まで食べれます! お魚の栄養+カルシウムも採れます(*^^*) ご飯が進む一品です。

第4位

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

焼き魚が一番だけど、たまにはこんなのも。 骨までほろほろです。

このページの先頭へ