桜エビと塩昆布の和風チャーハン

桜エビと塩昆布の和風チャーハン

料理名 桜エビと塩昆布の和風チャーハン
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2019年6月23日(日)

 

コメント

最強コンビ!「チャーハン&餃子」第12弾ということで、ここでは、「桜エビと塩昆布の和風チャーハン」の作り方になります。桜エビ&塩昆布で旨味たっぷり!ラードでゴマ油でコクと香りのよい和風チャーハンです。

桜エビと塩昆布の和風チャーハンの材料(2人分)

 

かために炊いたごはん 440g
桜エビ 15g
塩昆布 25g
万能ねぎ 6本
赤唐辛子(小口切り) 小さじ1
にんにく、しょうが(みじん切り) 各1片分
2個
ラード 大さじ1
ごま油 大さじ1/2
適量

 

 

桜エビと塩昆布の和風チャーハンの作り方

1、万能ねぎ(6本)は小口切りにします。

塩昆布(25g)は刻みます。

卵(2個)は溶きます。

2、フライパンを熱してラード(大1)、ごま油(大1/2)を入れます。

ラードが溶けたら、にんにく、しょうが(みじん切り 各1片分)を炒め、香りが出てきたら卵液を加え、すぐにかために炊いたごはん(440g)を加えて木べらで軽く鍋肌に押さえつけます。

ほぐしながらよく炒めます。

3、ごはんがほぐれたら赤唐辛子(小口切り 小1)、桜エビ(15g)、塩昆布の順に加えてよく炒めます。

味をみて足りなければ塩(適量)で調えます。

万能ねぎを加えてザッと混ぜます。

4、お椀などに入れて返して器に盛ります。

 

 

このページの先頭へ