鶏と銀杏の炒めもの

鶏と銀杏の炒めもの

料理名 鶏と銀杏の炒めもの
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 石川智之
放送局 テレビ朝日
放送日 2018年10月2日(火)

 

コメント

「秋の定番メニュー」というテーマで、「鶏と銀杏の炒めもの」の作り方の紹介です。「ぎんなんの美しい翡翠色にうっとりします。見た目だけではなく、味もとても品がありますね。れんこんの食感もいい!秋ならではのしゃれた一品ですね。」と上沼恵美子さん。

鶏と銀杏の炒めものの材料(2人分)

 

鶏もも肉 200g
れんこん  80g
ぎんなん 20個
にんにく(みじん切り) 小さじ1
花椒塩(ホァジャオイェン) 適量
しょうゆ 小さじ1
いりごま(白) 小さじ1/2
適量
鶏肉の下味
小さじ1/4
片栗粉 小さじ2

 

 

鶏と銀杏の炒めものの作り方

1、鶏もも肉(200g)は1.5cm角に切り、下味の塩(小1/4)、片栗粉(小2)で下味をつけます。

 

2、れんこん(80g)は皮をむいて3mm厚さのいちょう切りにします。

 

3、ぎんなん(20個)は殻を割って実を取り出し、フライパンに深さ2cmほどの油(適量)を入れ、150度に熱してぎんなんを揚げながら薄皮をむいて取り出します。

 

4、フライパンの油を165度にし、鶏肉を2分揚げ、れんこんを加えてサッと揚げ、油ごと網にあげます。

 

5、フライパンをふいてにんにく(みじん切り 小1)を弱火で炒め、鶏肉、れんこん、ぎんなんを戻し入れ、花椒塩(ホァジャオイェン 適量)、しょうゆ(小1)で調味して器に盛り、いりごま(白 小1/2)をふります。

 

 

このページの先頭へ