実ざんしょうの塩漬け

スポンサーリンク

実ざんしょうの塩漬け

実ざんしょうの塩漬け

料理名 実ざんしょうの塩漬け
番組名 きょうの料理
料理人 飛田 和緒
放送局 NHK
放送日 2015年5月18日(月)

 

青々とした色味を生かしたい料理に!

【初夏の手仕事】ということで、旬の実ざんしょうを使ったレシピ5品を紹介していました。ここでは、「実ざんしょうの塩漬け」の作り方の紹介になります。実ざんしょうの旬は短く、実が堅くなりやすいので、できるだけ新鮮なうちに茹でます。ピリッとすがすがしい風味を楽しみましょう!

スポンサーリンク

実ざんしょうの塩漬けの材料(つくりやすい分量)

 

実ざんしょう 100g
粗塩 10g

 

 

実ざんしょうの塩漬けの作り方

実ざんしょうの塩漬け1、実ざんしょう(100g)は小枝から外しながら、水につける。すべて外し終えたら、流水の下で水をかえながらよく洗い、水けをきる。

※水につけるのは、枝についていた部分の変色を防ぐため。

 

-

実ざんしょうの塩漬け2、鍋にたっぷりの湯を沸かし、実ざんしょうを7~8分間ゆでる。

 

-

3、指でギュッと押すと、つぶれるくらいに柔らかくなったら、ざるに上げて湯をきる。

 

-

4、水につけ、30分間ほどおき、アクを抜く。一粒食べてみて、えぐみや辛みが強ければ、水につける時間を長くする。

 

-

実ざんしょうの塩漬け5、ざるに上げて水けをよくきり、保存瓶に入れ、粗塩(10g)を加える。ふたをして軽く振り、塩が溶けるまで1~2日間、常温におく。冷蔵庫に移して10日間おき、なじませる。

●粗塩は実ざんしょうの重量の10%

-

実ざんしょうの塩漬け

食べごろは、冷蔵庫で10日間おいて味がなじんでから。サッと洗って水けをきる。

(塩辛い場合、たっぷりの水に30分間ほどつけて、塩抜きしてから使うとよい)
※保存:冷蔵庫で約1年間。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ