ぶりの照り焼き

スポンサーリンク

ぶりの照り焼き

ぶりの照り焼き

料理名 ぶりの照り焼き
番組名 NHKきょうの料理
料理人 田村 隆
放送局 NHK
放送日 2015年12月8日(火)

 

皮と身はカリッと焼き目を中はしっとり

【王道おせち 失敗なしのイロハ】ということで、「ぶりの照り焼き」の作り方の紹介です。成長すると呼び名が変わることから出世を目指して。皮も身もカリッと焼き目をつけてから、手早くたれをからめるのが照り焼きのコツ!粉をふった表面にたれがからんで、つやが出て、中はしっとりと焼きあがります。甘辛いたれに包まれた魚は、時間がたってもパサつきません。

スポンサーリンク

ぶりの照り焼きの材料(6枚分)

 

ぶり 300~350g(1切れ50~55gの切り身6枚でも可)
少々
小麦粉 適量
サラダ油 少々
(たれ)
みりん・しょうゆ 各大さじ1と2/3
砂糖・酒 各大さじ1

 

 

ぶりの照り焼きの作り方

1.ぶり(300~350g(1切れ50~55gの切り身6枚でも可))は皮側に斜めに細かい格子状の切り目を入れて、等分に6枚に切る。両面に塩(少々)をふり、10分間ほどおく。

-

ぶりの照り焼き2.出てきた水けを紙タオルで押さえ、小麦粉(適量)をまぶす。

※小麦粉を薄くまぶし、カリッと香ばしく焼く

-

3.フライパンにサラダ油(少々)を中火で熱し、2の皮を下にしてしっかりと焼く。次に切り身の表側を下にして焼き色をつけ、裏返して反対側も同様に焼く。

※皮に細かい切り目を入れ、先に皮をしっかり焼く

-

ぶりの照り焼き4.フライパンを光ら下ろし、ぬれ布巾にのせて粗熱を取り、余分な脂を拭いてから、たれのみりん・しょうゆ(各大1と2/3)、砂糖・酒(各大1)を加える。

再び強めの中火で煮立て、スプーンでたれをすくい、全体回しかけながらからめる。

※粉をふった肌(表面)にたれがからむと、つやが出て、中はしっとりと焼きあがる。

-

ぶりの照り焼き5.汁けがなくなり、照りが出たら、バットに取り出して冷ます。ぶりの照り焼きの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ